キッコーマングループの歩み(1917-1963)

年号 会社 キッコーマン商品と
日本の食生活の移り変わり
1917
(大正6年)
  • 野田醤油株式会社設立
  • 万上味醂株式会社設立
1918
  • 営業を開始
  • 大阪に出張所を開設
1925
  • 野田醤油醸造株式会社、万上味醂株式会社、日本醤油株式会社を合併
  • 第17工場(現野田工場製造第1部)製品を初出荷
  • しょうゆ2Lびん発売
1927
(昭和2年)
  • 商標をキッコーマンに統一(東京市場)
  • 東京に出張所を開設
1929
  • イースト菌の国内製造開始、製パン技術の発展が始まる。
1930
  • びん詰工場(現野田工場製造第2部)作業開始
  • カレー粉普及、家庭でカレーが作れるようになる。
1931
  • 関西工場(現高砂工場)を完成
 

(建設中)

 

(現在)

1932
  • しょうゆ8L缶発売
1936
  • ソース発売
1939
  • 御用醤油醸造所(御用蔵)を完成
1940
  • 商標をキッコーマンに統一(全国)
1942
  • (財)野田産業科学研究所設立
1943
  • 「さつまいもは大切な主食」という標語のもと、増産運動始まる。
  • 食管法改正、やみ米に罰則。
1948
  • 新式2号しょうゆ製造法の技術を公開
1949
  • 株式を東京証券取引所に上場
  • しょうゆの輸出を再開

海外向けしょうゆポスター

1950
  • しょうゆの価格統制解除

しょうゆ自由販売を知らせる新聞広告

  • ステンレスの流し台登場。
  • アメリカン・ドーナツ売り出される。
1951
  • 公営アパートにダイニングキッチン。
  • 日本航空が初の機内食。
1952
  • 栄養摂取量、2033kcalに好転。
  • ビタミンブーム、米にも炊飯用強化剤(バイオリッチR1号・2号)発売される。
1953
  • 特選しょうゆ発売
1955
  • NK式たんぱく質原料処理法の技術を公開
  • しょうゆ1Lびん/贈答9L缶発売

(左)しょうゆ1Lびん(右)現在の1Lマンパック

1957
  • キッコーマン・インターナショナル社(KII)設立(サンフランシスコ)(現キッコーマン・セールス・USA社(KSU))
1958
  • しょうゆ18L缶発売
  • 厚生省「栄養白書」4人に1人が栄養不足を警告。
  • レタス等の西洋野菜、家庭に普及。
  • 初のインスタントラーメン「チキンラーメン」登場、爆発的な人気に。
1959
  • 萬味発売
1960
  • 都市サラリーマンの生活に洋風化定着、魚菜より肉乳卵。
1961
  • 吉幸食品工業株式会社設立(現日本デルモンテ(株))
  • 盛進製薬株式会社設立
  • 株式を大阪証券取引所第1部に上場
  • テリヤキソースの輸出開始
  • しょうゆ卓上びん/めん類用まんみ(めんみ)発売
  • 食品の自由化進む。

しょうゆ卓上びん

1962
  • 利根飲料株式会社設立(現利根コカ・コーラボトリング(株))
  • 勝沼洋酒株式会社設立(現マンズワイン(株))
  • とんかつソース発売
  • コカ・コーラの自動販売機が登場。
  • 米の一人当たりの年間消費量、戦後最高の118.3kg、以降減少。
1963
  • 日本カルパック株式会社に資本参加
  • デルモンテ・トマトジュース/デルモンテ・トマトケチャップ発売
  • 文部省、義務教育児童すべてにミルク給食を実施。