マンズワイン

  • 日本の風土に合わせて培われたぶどう栽培・醸造技術によって、ていねいにつくった高品質のワインをお届けします。
  • 日本の食文化とともに育てたワインで、日常の食卓に新しいおいしさを発見するよろこびをご提供します。
  • さまざまな食に合わせて自由に楽しめるワインで、会話がはずむ食のスタイルをご提案します。

ブランドストーリー

日本に本物のワインを

「日本にはまだ、本物のワインが普及していません。本物のワインづくりは、しょうゆ醸造を仕事とするわが社こそがやるべきです」。1962年、一人の研究者のそんな言葉から、キッコーマンのワインづくりが始まりました。それ以来、キッコーマンは「マンズワイン」ブランドで、多様化するお客さまのニーズに応えながら、常に高品質なワインを提供してきました。

 

2001年、キッコーマンは「マンズワイン・品質主義宣言」を発表しました。「品質主義」で最も重要なのは、ワインの生命である「ぶどう」の素性がはっきりしていること。マンズワインが用いるのは、国産・外国産を問わず、技術者が自ら立ち会い、厳しく選別したぶどうだけです。さらに、世界各地で研究を重ねた技術者たちがぶどうの可能性を最大限に引き出すワインづくりを行っています。

また、「品質主義」ではコンセプトや原料の基準別に3つのカテゴリーを設けました。「国産プレミアムワイン」は、国産ぶどうを100%使用した数量限定ワイン。「スタンダードワイン」は、世界中の良質な原料を使用し、マンズワインの醸造技術を活かした国産ワイン。「ジャパニーズ・オリジナルワイン」は、日本人の嗜好や味覚に合った日本独自のワインです。

品質主義が生んだ特別なワイン

マンズワインの品質主義の象徴として、世界に誇れる信頼と実績を得ているのが「国産プレミアムワイン」の『ソラリス』シリーズです。

『ソラリス』には、フランスの最高級ワインと同等のぶどうづくりへのこだわりがあります。単位面積当たりのぶどう収穫量や房の数を厳しく制限して極限までぶどうの個性を引き出し、さらに、手摘みによる収穫、一粒ごとの厳しい選別を行っています。こうして選び抜かれたぶどうは、フランスの国家資格である「ワイン醸造士」の資格をもつ、一流の技術者のもと、醸造されています。

 

ワイン完成後も、徹底した「品質主義」のもと、ワイナリーでのびん詰めを行い、保管から配送までのあらゆる段階で一貫した温度管理が行われています。その結果、『ソラリス』は、国際ワインコンクールで数々の表彰を受けるなど、国内外から高い評価をいただいています。

食卓に楽しさと華やぎを届けることをめざして、マンズワインはこれからも、「日本がおいしくなるワイン。」づくりを続けていきます。