機能性食品

乳酸発酵野菜入り野菜・果実混合飲料の摂取による便通改善効果

野菜の発酵に適した乳酸菌の一つである、Pediococcus pentosaceus OS株を用いて、野菜を乳酸発酵した原料(殺菌済み)を使用した野菜・果実混合飲料の摂取による便通効果改善を調べたところ、便通改善効果があることがわかりました1)

この飲料200mlをボランティア38名の女性に2週間毎日飲用していただき、飲用前2週間の便通と、飲用した2週間の便通を比較したところ、排便回数、排便日数、排便量の有意な増加が認められました。特に、飲用前に排便のない日が週3日以上であった便秘がちな方では排便回数が大きく増加していました。この結果から、便秘がちな方がこの飲料の飲用することによって、便通が改善される可能性があることがわかりました。

図1. 排便回数に対する乳酸発酵野菜入り野菜・果実混合飲料の効果

乳酸発酵野菜入り野菜・果実混合飲料200mlをボランティア38名に2週間飲用させた。便通について、飲用前2週間と飲用した2週間を比較したところ、飲用前に排便のない日が週3日以上であった便秘がちな方では摂取前と比較して排便回数が有意に増加した(p<0.01)。

引用文献

1

佐藤智美ほか:第55回日本栄養改善学会学術総会要旨集(2008)