親子の食体験

茨城・まるごと豆乳体験編

日時

2017年11月23日(木)

場所

茨城県猿島郡五霞町 キッコーマンソイフーズ(株)茨城工場

キッコーマンソイフーズ(株)茨城工場は、2013年に建てられた新しい工場です。
今回のプログラムは、豆腐づくり体験や豆乳工場見学を通して、豆乳について学んだり、「豆乳」を使った料理などに挑戦し、日本人にはなじみ深い「大豆」を感じながら、日本の食を味わいました。

プログラム内容

(1)豆乳工場見学

大宮駅に集合して、バスに乗り込み約1時間、渋滞もせずにスムーズに会場に到着しました。
ウェルカムドリンクとして豆乳と豆乳スコーンが配られました。
開会式終了後、VTRで豆乳のつくり方を学んだ後、エアーシャワー体験と見学コースに別れました。
エアーシャワー体験では、手洗い、手の乾かし方、アルコール消毒など普段工場で行っている衛生管理を体験し、最後にエアーシャワー体験を行いました。
普段体験できないエアーシャワーに子どもたちは大興奮していました。

 

見学コースでは、実際に動いている工場を見たあと、さらに詳しく工場の事が分かるVTRをみました。
VTRのクイズはよく工場を見学しないとわからない問題が多く、みんな一生懸命でした。
また、工場ならではのできたての豆乳と調製豆乳の飲み比べもありました。

 

(2)料理体験と昼食

次は、料理体験です。
今回挑戦するのは、「豆腐」と「豆乳ホワイトソース」、「豆乳汁」の3品です。
はじめに、「豆腐の出来る豆乳」を使って「豆腐」をつくりました。
にがりを入れてから泡立てないように、かつ、しっかりとかき混ぜて、お湯を張ったフライパンの中で蒸しました。
豆腐のつくり方の仕組みがわかっておどろいていました。
「豆乳ホワイトソース」は、2家族が一緒につくりました。
交代しながら焦がさないようにたまねぎと小麦粉を注意深く炒め、だまにならないように少しずつ豆乳を加えて練っていきました。
その後、コーンとマッシュルームを加えてとろみがつくまで温めたら完成です。

 

「豆乳汁」は、班全員がそれぞれ材料を切りました。
沸騰している鍋に、やけどに気をつけながら食材を入れ、最後に「調製豆乳」と「濃いだし 本つゆ」を入れて完成です。
お弁当の「洋ごはん★つくろ チキンライス」とハンバーグにつくったばかりの「豆乳ホワイトソース」をかけ、「豆乳汁」をよそい、「豆腐」に「しぼりたて生しょうゆ」をかけて昼食の完成です。
みんなで手を合わせて「いただきます」。
デザートには、「調製豆乳」を使用したプリンです。
メープルシロップをかけていただきます。
このプリンは色々な種類の豆乳でつくることができます。

 

(3)豆乳塾

昼食の後は、キッコーマンソイフーズの豆乳博士からの豆乳の話です。
映像も使いながらVTRとはまた違う切り口で豆乳について楽しく学びました。

 

(4)紙パックづくり

最後は、全員で紙パックづくりをしました。
紙パックについての秘密を知り、簡単に楽しく紙パックをつくることができました。
そして、豆乳の工場見学、料理などを体験して、たくさん学んだ親子に「修了証」が授与されました。

 
 

参加者の感想

  • (工場見学)ベースの豆乳がとてもおいしかったです。(児童)
  • (工場見学)初めてエアシャワーをして、とても楽しくできました。またしたいです。(児童)
  • (工場見学)衛生を徹底されているのを子供が体験できたのがとてもよかった。工場のVTR上映もわかりやすくてよかった。(保護者)
  • (豆腐作り)自分でつくった豆腐はすごくおいしかったです。(児童)
  • (豆腐作り)子供にもできる行程でつくりやすく、出来上がりが目で見てわかるので「わ~!!」と感動しました。(保護者)
  • (調理体験)ホワイトソースづくりは大変だったけど楽しかった。(児童)
  • (調理体験)大根、にんじん、しいたけ、ちくわを一人で切れたのは自信になったと思います。家でもつくろう!とはりきっています。今後もお手伝いさせようと思えました。(保護者)
  • (全体)調整豆乳のパッケージをつくれてよかったです。紅茶やフルーツミックスの豆乳もおいしかったです。また来たいなと思いました。(児童)
  • (全体)普段一般に公開されていない工場を訪れる事ができ、また豆乳を使った料理やデザートをいただけて盛り沢山の楽しい食体験でした。(保護者)