親子の食体験

埼玉・まるごとうちのごはん体験編

日時

2017年9月18日(月)

場所

埼玉県久喜市 埼玉キッコーマン株式会社

埼玉キッコーマンは、2012年12月に生産開始した工場です。今回は、この埼玉キッコーマン工場で製造されている和風おそうざいの素「うちのごはん」を使った料理に挑戦したり、工場見学をしたりと、親子で楽しみながら、「食」を満喫しました。

プログラム内容

(1)「うちのごはん」で簡単オリジナルお弁当づくり

まずは、いろいろな食材を組み合わせて和風おそうざいの素「うちのごはん」等を使って、親子でお弁当作りに挑戦しました。
例えば「ジャーマンポテト」でじゃがいもに加えベーコンや豚肉、チーズを加えてうまみを増したり、そうざいの素にパプリカやブロッコリーで彩りを添えたりするなど、使用する食材を自由に選び、おいしくなる工夫をしながらオリジナルの料理をつくって、お弁当箱に詰めます。
切り方やお弁当への詰め方にも工夫がされていて、おいしそうなのはもちろんのこと、見た目も美しく仕上げてくださいました。
お弁当は、昼食としていただきました。

 
 
 

参加者全員のお弁当です。
皆さんのアイデアでさまざまなお弁当ができました。

お弁当コンテスト 埼玉キッコーマン工場長賞入賞作品

お弁当コンテスト
埼玉キッコーマン工場長賞入賞作品

お弁当コンテスト 社会活動グループ長賞入賞作品

お弁当コンテスト
社会活動グループ長賞入賞作品

 
 
 

(2) 工場見学

自分たちでつくったお弁当を食べた後、埼玉キッコーマンのビデオをみてから、工場見学をしました。
ビデオはわかりやすくて好評でした。
工場見学では、まずは、大きな窯でそうざいの具が調理されている様子を見ました。
ここでは、原料とその数量を確認した後、レシピ通りの順序で原料を釜に投入して、調理をおこないます。
投入時などには、異物が入らないように細心の注意が払われます。
そして、規格通りに仕上がったかが必ず検査されます。
次に、レトルトパウチに詰めて容器を密封する様子と加圧加熱殺菌する様子を見ました。
見学用の通路とは離れた場所で、包装と箱詰めをして、商品の完成です。

 

(3) 修了証授与

最後に、一日「食」について体験して学んだ親子に「修了証」が授与されました。また、お弁当コンテストで工場長賞と社会活動グループ長賞に入賞した二組の親子には賞品が贈呈されました。

 

参加者の声

  • (お弁当作り)何をいれてもおいしくできました。普通の料理は時間がかかるのに「うちのごはん」だと15分や20分で料理が終わるのはすごいと思った。(児童)
  • (お弁当作り)初めて「うちのごはん」を使いましたが、味が決まっているので材料は何でも合っておいしかったです。娘はちゃんとしたお弁当作りは初めてでしたが切ったり炒めたりとしっかりやれていたことに感心しました。(保護者)
  • (お弁当作り)材料もたくさんあるので何を作るかわくわくしました。いろいろ作りすぎて時間ぎりぎりまで作りました。子どもと一緒に作ると大変ですがとても楽しかったです。(保護者)
  • (工場見学)思っていたよりとても大変でとてもきれいですごいと思いました。(児童)
  • (工場見学)ビデオを見てから実際の工場を見学したので分かりやすかったです。しょうゆを別付けにしている理由もなるほどと思いました。(保護者)
  • (全体)スタッフの人がみんな優しくしてくれて、料理もすごく教えてくれてすごく楽しかったです。お母さんのお手伝いもがんばっていきたいと思った。お母さんは毎日大変だと思いました。(児童)