キッコーマンアカデミー

事例紹介 - A2. 食中毒のいろは

概要

実施時期

2008年5月

受講者

野田市ファミリー・サポート・センター

受講人数

40名

授業時間

90分

 

授業の進め方

趣旨

野田市ファミリー・サポート・センターの会員講習会への出講依頼を受けました。学童保育の指導員や主婦の方が多いということで、「食べる」ということや、微生物や食中毒の基本知識から、家庭での冷蔵庫保存やお弁当作りの注意点など、毎日の食事づくりにお役立ていただけるように、講義を準備しました。

講義項目

1

「食べる」というリスク

2

食中毒の現状

3

食中毒の基礎知識

4

食中毒の予防

受講者のみなさまの感想

  • 食中毒のテーマは、これからの季節に関心が深く、身近にある食品の細菌について注意すべき点が学ぶことができ、よかったです。
  • スライドや図解を交えて、解りやすく食中毒の話を解説してくださって、勉強になりました。
  • 冷蔵庫保存についても過信せず、チェックを怠らないように気をつけるきっかけになりました。
  • 微生物や食中毒の話を聞かせていただき、とても参考になりました。お弁当作りに役立てたいと思います。
  • 学童保育の指導員をしているので、講座で勉強したことを参考に「手作りランチ」や「おやつ」を作りたいと思います。また、お弁当作りについては保護者へお知らせしていき、食中毒を出さないように気をつけたいと思います。
  • 学童保育でも家庭においても食事を作る主婦として、今回の講座で勉強したことがとても参考になりました。

担当講師より

「食中毒」について、基本知識やお弁当作りなど身近な注意点について、簡単なクイズも入れながらお話をしました。
授業中、みなさん熱心に聞いてくださり、毎日の食生活や家事の見直しにお役に立つことができたと思います。

お申し込みにあたって

お願い事項

お申し込みは、開講希望日の3カ月前までにお願いいたします。
また、受付は6カ月先までとさせていただきます。

お申し込み&お問い合わせ方法

受付ページに必要事項を記入のうえ、お申し込み、お問い合わせください。
弊社にて内容を確認のうえ、改めてご連絡いたします。

確認のため、電話にて連絡する場合もございますので、ご了承ください。

キッコーマンアカデミーのお申し込み・お問い合わせはこちら