健康経営優良法人2019「ホワイト500」の認定について

キッコーマン株式会社(*)は、
2019年2月21日付けで健康経営会議(*2)より、
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度である、
健康経営優良法人2019「ホワイト500」の大規模法人部門の認定を受けました。

健康経営優良法人認定制度とは、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標とした制度です。
キッコーマン株式会社では、健康診断・人間ドックの受診促進、ストレスチェックの受検促進など、疾病の早期発見・早期治療に取り組んできたことや、分煙対策、ワーク・ライフ・バランスの確保など、従業員の健康についての取り組みを進めており、今回の健康経営優良法人2019「ホワイト500」認定は、これまでの様々な取り組みが評価されたものです。
当社は、今後も、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでまいります。
(*)今回、キッコーマン株式会社、およびキッコーマン食品株式会社、キッコーマン飲料株式会社、キッコーマンビジネスサービス株式会社、キッコーマンバイオケミファ株式会社にて、健康経営優良法人2019「ホワイト500」の認定を受けました。
(*2)日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。 経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。

<認定期間>

2019年2月21日~2020年3月31日

<認定基準>

健康経営優良法人の評価項目、認定基準は、経済産業省が事務局を務める次世代ヘルスケア産業協議会健康投資WGにおいて定められ、 評価項目は、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」で用いている評価のフレームワークをもとに設定されています。

健康経営優良法人2019の「大規模法人部門」の基準は、下記リンクの健康経営度調査において適合していることをもって認定されます。