先輩の仕事ぶり

研究・製造系部門

しょうゆのおいしさの解明に挑戦しています!

目的を意識して小さな一歩を重ねること

私の研究テーマは「しょうゆのおいしさの解明」です。何だか漠然としていて、本当に答えがあるかさえわからない壮大なテーマですが、官能評価(人の感覚を使って香りや味を分析すること)や成分分析などの手法を用い、さまざまな角度から、その解明に挑戦しています!たった1つの研究では「しょうゆのおいしさ」を説明することはできませんが、いつか、もっと多くの知見が得られた時に「しょうゆのおいしさ」を語れると信じ、小さな前進を積み重ねています。日本人が誇り、外国の方も価値を認める「日本の食文化」。その日本の食文化に欠かせないしょうゆ。そのしょうゆのおいしさ、つまり味覚(身体)だけでなく、心や文化にとっての価値を明らかにすることは、非常に意味あることだとプライドを持って自分の仕事に取り組んでいます。

峠を越えればすばらしい世界が見えると信じること

みなさんも既に経験されていると思いますが、何かを成し遂げようとするとき、『壁』はつきものです。そしてその壁は、目標が高ければ高いほど、誰も挑戦したことのないような新しいものであるほど、大きくなります。いつまで続くかわからない、全容もわからない大きな壁に突き当たると、「こんな辛い思いはしなくて良い」、「もう止めちゃおうかな」などと思うこともありますが、「今の辛さを乗り越えれば、もう1つ上の視点で物事を考えることができる。新しい世界が見える」と自分を鼓舞し、何とか壁をよじ登っています。そして、壁に挑戦する気持ちを持ち続けていられるのは、ともに考え、悩み、応援してくれる上司や同僚、友人、家族がいるからと、いつも感謝する気持ちを忘れないように心がけています。まだ見ぬ新しい世界に出会うことを心の拠りどころにして、次の大きな「壁」も必ず乗り越えるつもりです。

 

気持ちよく、効率よく仕事をすること

以前、あるキッカケで、私たちが毎日働く時間は1日のうちの何割を占めるのか、就職してから定年を迎えるまでの人生で最も活動的な時間の何割を占めるのかを計算したところ、かなりの割合を占めることに驚きました。そのために私は、自分はもちろん、一緒に働く人たちにもできるだけ楽しく、気持ちよく働いていただききたい、成果を実感して、モチベーション高く働いていただききたいと思っています。特に私の部署では、研究だけでなく、商品開発や営業の方、一般消費者や他社の方とも一緒に仕事をする機会が多くあります。そのため、立場が異なる人の視点に立ち、どうすればスムーズに仕事を進められるかを考え、行動するようにしています。立場上、もしくは全体最適をはかるために、厳しいことをいう時もありますが…そこにはできるだけ多くの方に気持ちよく、効率的に働いていただきたい、という気持ちがあることを理解いただければと思います!

Message

 

世の中にはさまざまな立場の方、バックグランドや考えを持った方がいるため、多種多様な意見があり、たまに衝突することもあります。ただ、キッコーマンで働く私たちは「食を通じて世界中の人の心を満たしたい」という強い想いを共通してもっているため、異なる意見を持っていても、互いに尊重し、協力して仕事をしています。こういうと、とても温厚そうな人の集まりに見えるかもしれませんが…。キッコーマンはあなたの想像を超えて、世界の至るところで、しょうゆ以外の事業へ、果敢に挑戦しているのです!意外にタフで個性的な私たちと一緒に、あなたの夢をかなえませんか?