先輩の仕事ぶり

研究・製造系部門

しょうゆをさらに魅力的に進化させるための商品開発と技術開発を行う

世界に誇る万能調味料「しょうゆ」を進化させる

しょうゆは日本の食文化を支える重要な調味料であり、世界に誇れる発酵食品です。またキッコーマンにおいて「しょうゆ」とは会社の顔でもあり、事業の柱となっている商品でもあります。私の仕事はそのしょうゆをさらに魅力的に進化させるための商品開発と技術開発を行うことです。しょうゆは原材料が大豆、小麦、食塩と極めてシンプルであるにもかかわらず麹菌、乳酸菌、酵母という3種類の微生物の働きによって、芳醇な香りと豊かな味わいが生まれます。限られた原料に対して、無限の力を持つ微生物の力を借りながら、商品を開発をしていくことがこの仕事の醍醐味です。

 

100年先でも通用する商品・技術の開発をめざす

キッコーマンにおけるしょうゆ醸造の歴史は長く、その間に積み上げてきたしょうゆに関する技術や知見は膨大な数にのぼります。最先端の研究をもとに新しいアイデアを提案しても、過去の先輩たちがすでに検討していて驚かされることも多々あります。また、大きな課題に直面した時には、古文書のような社内研究報告書を読み返し、新しいアイデアを得ることもあります。この技術や知見の積み重ねこそが、醸造を研究し続けてきたキッコーマンの強みです。お客様からご評価いただいている「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」も、過去の技術の積み重ねのうえに、新たな技術やアイデアを重ねて生まれた商品です。100年後でも愛される商品、100年後でも活躍する技術の開発をめざして、「温故知新」を合言葉に日々業務に励んでいます。

 

一歩先を見て失敗を恐れずにチャレンジする

しょうゆに携わる仕事と話すと、「安定している仕事」といわれることがありますが、実際はそうではありません。人口減少や食生活の多様化など、国内のしょうゆを取り巻く環境は依然厳しく、立ち止まっていては事業を継続させることはできません。常に失敗を恐れずに果敢に新しいことへチャレンジすることが重要です。商品開発をする部署として、情報への感度を高くし新しい価値をお客様へ提案していくことも重要です。価値あるしょうゆを開発するためには、企画、営業、製造、購買、品質管理など、さまざまな部署の人たちとの連携が不可欠です。バックグラウンドの異なる方と仕事をすることもあり、相手の意見を正確に理解し自分の意見を的確に伝える、双方向のコミュニケーション能力が必要となります。仕事をするうえでは、自分の専門領域だけにとらわれず、なるべく広い視野を持って一歩先を見ることを常に心がけています。

Message

 

学生時代には勉強に遊びに全力で打ち込んでください!学んだことが直接仕事に役立つことは少ないかもしれませんが、課題に対する取り組み方は会社に入っても絶対に役に立ちます。社会に出ると遊ぶ時間がない、といわれますが、キッコーマンは休みも取りやすく決してそんなことはありません。ただ、毎晩深夜まで友人と酒を飲んだり、弾丸旅行をしたりするようなことは、年々体力的にきつくなるので今のうちに堪能しておくことをおすすめします。