商品開発本部 設備開発部

2013年入社 自然科学研究科 機能機械科学専攻卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

まず、家庭の味をつくれる食品業界で仕事をしたいと考えていました。機械工学を学んできた私にとって、装置産業であるしょうゆ製造の先進的な装置を開発してきたキッコーマンは、とても魅力的でした。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

自分の設計した装置が導入されたときや、工場における生産上の課題を解決できたときなど、成果が実感できたときにやりがいを感じます。また、私は一年前から容器の開発業務も行っております。お客様の使用勝手だけではなく、機械工学を活かして生産性(しょうゆの充填や梱包などの効率)の向上を目指しています。店頭で自分が開発した容器に入った商品を見ると、苦労が報われた気になります。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

「いいところ」は技術力が高いところです。品質の高いしょうゆを安定して生産するためのあらゆるノウハウが蓄積されています。学べることは非常に多いです。
「悪いところ」は保守的なところです。食の安全のために、失敗が許されない業界なので仕方がないことかもしれません。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

ゴルフをして過ごすことが多いです。平日は仕事帰りに打ちっぱなし場で練習し、休日はコースに出かけます。野田市近辺には練習場やコースが多いので環境が整っています。社内コンペでは、業務も年齢も関係なく真剣勝負ができるのでとても楽しいです。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

ものづくりの現場で、日々のトラブルや課題を解決できる一人前の技術者になりたいです。キッコーマンの高い技術力は現場に培われています。若いうちになるべく多くの経験を積み、将来はキッコーマンになくてはならない技術者になることが目標です。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

いろいろな会社に行き、いろいろな人と話をして下さい。他の会社のことを聞けるのも就活生の特権です。その中で自分に合った会社に入れるようがんばって下さい。