※内容は掲載時点のものです

 

北海道支社

2015年入社 理工学部 物質応用化学科卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

栄養士の祖母の影響もあり、小さい頃から食と健康には自然と興味を抱いていたことから食品メーカーを中心に就職活動をしていました。
その中でもキッコーマンには慣れ親しんだ商品が多々あり、それを世にもっと広めていきたいと感じました。またアメリカに進出した際の「TERIYAKI」や多角化戦略など、しょうゆ事業という伝統的な部分を持ちながら挑戦していく社風に共感し、「おいしい食と健康」をより多くの人へ届けられると感じ入社を決めました。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

お客様から頼りにしていただき、提案が採用されたときにやりがいを感じます。現在家庭用・業務用・加工用の全業態の営業を担当していますが、そのすべてに共通していることだと感じています。また大きな案件をまかせていただいた時は、関係者が増えるほどに責任も感じますが、比例して「なんとしても達成したい」という気持ちも湧いてきます。そんな中行う仕事は大変なこともありますが、その分やりがいも感じます。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

いいところ:優しく温かい人が多いこと。業務上わからないことを先輩方や関係部署に問い合わせた際など、丁寧に対応していただけます。
提案できる商品群が多いこと。新規のお客様にアプローチする際はしょうゆだけでなく様々な商品が提案できることで、本丸(しょうゆなど)の提案を受け入れていただける関係を築きやすいと感じます。
若手でも大きな仕事を任せてもらえること。
悪いところ:組織がしっかりとしている反面、各部署との調整に時間を要することがあります。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

せっかくの北海道赴任ということで、春は積丹のウニ、夏は富良野のラベンダー畑、秋は定山渓の紅葉、冬は温泉巡りなど四季折々を堪能しています。ここに書ききれないほどにまだ行けていない場所や名産品が沢山あるので、北海道にいるうちにオフの日を活用してすべてを堪能し尽くしたいです!(写真は黙々とワカサギ釣りをしている私です)
また最近ではテニスを始め、テニススクールやサークルで汗を流しています。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

入社後4年間を加工用営業の専門部署で過ごし、今は北海道支社で全業態を担当しています。自社商品が好きなので、たくさんの方に良さ知っていただき食べていただくまでの橋渡しができる営業職をしばらくは続けたいと思っています。
その後は営業で培った経験を活かし、今度は自社営業マンが胸を張って提案できるキッコーマンらしい商品の開発に携わり、世界中の人々においしい記憶を届けていきたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

ありきたりな表現かもしれませんが、就職活動は一期一会の連続だと思います。
皆さんの可能性や魅力を見出し、必要とされる企業に出会うためには等身大の自分をしっかりと伝えることが大事です。
目の前の出来事に一喜一憂することもあると思いますが、持っている魅力を余すことなく伝えられるよう、リラックスしてドンと構えて就職活動に臨んでほしいです。頑張ってください!