※内容は掲載時点のものです

 

商品開発本部 しょうゆ開発部

2015年入社 農学研究院 資源生物科学専攻卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

就職活動に臨むにあたり自身の楽しかった記憶を思い返してみると、「食」に関わる場面が多かったため、食に関係する仕事に関わりたいと思いました。キッコーマンは私たち日本人の食生活に欠かすことのできない調味料である「しょうゆ」のトップメーカーであり、世界規模で事業を展開したトップランナーであることに魅力を感じました。また就職活動を通してお会いした先輩社員の方々が気さくで、仕事についてはイキイキとお話しされていたことも非常に印象的で、決め手の一つでした。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

現在私は新商品の開発、既存商品のリニューアル、しょうゆ製造の支援などに携わっています。食品を商品として扱い、これを実際に世の中へと出していくというのは大きな責任を感じますが、その分自身が苦労して開発した商品がスーパーマーケットなどの店頭に並び、それをお客様が手に取る瞬間を見たときの達成感は格別です。より良い商品を開発し、少しでも多くのお客様の喜びに繋げていけるよう、日々新しい技術の開発に取り組んでいます。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

先輩方が積み重ねてきたしょうゆ醸造に関する豊富な知識と高い技術力が強みとして挙げられます。積み重ねが多い分、日々の勉強は大変にはなりますが、それらを吸収して業務に活かすことで、差別化された商品を生み出せます。歴史のある会社なので堅いイメージを受けるかもしれませんが、実際はイノベーションを起こそうという意識が会社全体にあり、常に新しいことに挑戦する風土があります。また、バレーボール大会や駅伝大会など社内のイベントも充実しているため、部署間のつながりが強いことも特徴だと思います。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

ご飯やお酒がおいしいお店を巡ることが好きで、社内に素敵な店を知っている先輩が多いので仕事終りに連れて行ってもらうことも多いですし、自身で調べたお店に家族や友人と行ったりもします。またドライブと温泉も好きで、月に一度は車で遠方の温泉地に遊びに行きます。大学卒業まで福岡に住んでいたので、九州を中心に西日本の主要な温泉地はだいたい行ったことがありますが、関東近辺はまだまだ行ったことのない温泉地が数多くあるので今後も楽しみです。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

実際に製造を行っている工場と関わる仕事を通して、食品メーカーにとって安全な商品を安定して作ることがいかに大切であるかを日々実感しています。また技術や商品の開発を進める中で、しょうゆにはお客様に提供できる新しい価値がまだまだあることも感じています。まずはそのような環境のなかで、醸造技術や商品の安全に対する考え方などを学びつつ、お客様のニーズを捉える感性を磨いていきたいです。その他、それらを生かして工場での製造管理や他の商品開発などの経験を積み、お客様のおいしい記憶づくりに貢献し続けて行きたいです。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

私にとって就職活動は自分を見つめ直すとても重要な機会でした。固く考えすぎずに取り組むことで自分自身の新しい一面に気づくかも知れません。就職することを目的に素敵な自分を作り上げるのではなく、本当の自分を精一杯伝えられるようにしておくことが良い就職活動につながると思います。また色々な業種や会社で働く方々と接する貴重な機会なので、新たな出会いをぜひ楽しみながら頑張ってください。そしてご縁がありましたら、お客様のおいしい記憶を一緒につくっていきましょう。