※内容は掲載時点のものです

 

研究開発本部

2015年入社 農学研究科 生物産業創成科学専攻卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

食を通して世界の人の健康に役立ちたい、微生物の力を活用したもの作りができる企業で働きたいというのが動機です。大学時代に微生物学を専攻していたこともあり、微生物が健康に与える影響の大きさに魅力を感じていました。また、誰しもが触れる食を通せば、多くの人の健康に貢献できると思いました。長い歴史の中で培った高い技術力を基に、世界で食の市場を広げているキッコーマンであれば、夢を叶えられると思い入社を決めました。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

現在の仕事では、新しい事業創出につながる研究を進めています。世界的にこれから求められるものを探索し、そこにキッコーマンとしてどのようなアプローチができるかを考えながら研究を行っています。新しいことで試行錯誤していますが、自社で蓄積された発酵・醸造の技術も活用し、これからの世界を変えることを想像しながら新しいものを生み出すことに大変やりがいを感じています。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

良いところは新しいものを作ろうとする情熱を持った人が多く、職場の雰囲気も非常に良いところです。新しい研究所が建ち、チームの垣根を越えて研究の議論ができる機会が増えました。様々なバックグラウンドを持った他チームの人と議論できる機会が増え、新しい発想や研究の突破口につながることもあります。悪いところは会社の周りに飲食店が多くないので、ご飯屋さんが増えたら良いなと思います。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

休日は美味しいご飯屋さんを探して食べに行ったり、会社に入ってから始めたゴルフに行っています。研究所のある野田の周りにはゴルフ場が多く、会社の先輩や同僚もゴルフ好きな方が多いので、一緒にラウンドに行っています。
また、長期の休みには大学時代の友人とキャンプや旅行に行っています。写真はゴールデンウィークに四国キャンプ旅行に行った際のものです。自然の中で、バーベキューをしながらビールを飲むのは至福のひと時です。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

将来はキッコーマンのしょうゆに代わる、第二の柱となる事業を作ることを目標としています。これまでキッコーマンで蓄えられてきた技術を活用しつつ、会社の大きな軸となる事業の技術開発を進めていきたいと考えています。事業化するにあたっては、経営的な視点も持ち、何が必要かを見極めながら会社と社会にとって有益な事業となるよう貢献していきたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

就職活動は自分自身を見つめ直す良い機会だと思います。これまでの人生を振り返って、これからやりたいことを明確にしてみてください。自分の成し遂げたいことをしっかり持っていれば、必ず自分に合う企業が見つかると思います。また、あまり一人で思い悩まず周りの人に相談するのも良いと思います。私は友人と話すことで、やりたいことをより具体的な言葉にすることができました。悔いのないように頑張ってください。