※内容は掲載時点のものです

 

商品開発本部 設備開発部

2015年入社 農学生命科学研究科生物・環境工学専攻卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

学生時代は食品の研究をしており食品メーカーを志望しておりました。数ある食品メーカーの中でも常に成長し続けており、海外にも早期に進出を果たしていたキッコーマンであれば新しい事に挑戦できる機会、環境が整っていると感じたためです。当然、今後数十年働くことを考え、年休消化率や離職率にも目を配っておりました。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

負けず嫌いですので他社より先に新しい物を作るということに非常にやりがいを感じております。しかし開発した商品を工場生産する場合、最初はうまくいかないことがほとんどです。そのような場合通常ですと商品開発としては商品側を改良しますが、それに合わせてエンジニアとしての知識、視点から製造機械側での改良を提案し解決できた時はより達成感を感じます。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

「いいところ」は技術を育もうとする姿勢があり、また新しいことに挑戦する環境があるというところです。「悪いところ」はスピード感がどうしても落ちるところです。安全性確保ため、関係部署の多さ、温度差、専門の違いなど様々な要因がありますがこの部分に関しては全社として改善の取り組みが必要だと感じております。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

趣味としてスノーボードとカメラをメインとしており、12月下旬~3月上旬までは土日を趣味に費やすため比較的付き合いが悪くなってしまいます。費用のかさむ趣味ですのでそれ以外の期間はジムで体を動かしているか家でゲーム、録画の消化に勤しむことがほとんどです。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

キッコーマンにとって欠かせないエンジニアとなることです。前部署では基本的な製造工程と機械知識を学び、現部署では商品開発力と製造工程改良、他部署との連携を培っております。今後は工場で日々の製造対応、新プラントの建設などエンジニアとしてはもちろん、他部署への理解も深めるため研究や開発も視野にいれております。エンジニア以外の視点を知ることでエンジニアとしてより成長できると考えております。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

メーカー全般に言えることですが、実際に工場を見学する機会があれば行くことをおすすめします。もちろんホームページの情報や社員とのやりとりで社風、人柄、福利厚生はある程度知ることができます。しかし衛生関係はどこまで気を使っているか、手作業、機械作業の割合はどの程度なのか、肌で感じることができます。今後数十年働く環境を自分の目で確かめ判断し、後悔のない選択をしてください。