※内容は掲載時点のものです

 

加工用営業第3部

2015年入社 総合政策学部卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

とにかく「食」に携わる仕事がしたかったからです。食品メーカー以外にも商社、飲食、小売、インフラなど、食に携われる仕事は様々あると思いますが、食品メーカーが影響力としても影響範囲としても一番大きいと考えました。そして数あるメーカーの中でも、キッコーマンは日本人には欠かすことのできないしょうゆをはじめ、みりん、トマト加工品、ワインなど扱えるカテゴリが多く、様々な角度から消費者の幸せに貢献できると確信し、入社を決めました。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

まずもって人が生きていく上で欠かせない「食」という領域のど真ん中で働けること自体に、純粋なやりがいを感じます。また、日々の営業活動の中でお客様のニーズに寄り添えた時、もしくはお客様が自覚していなかったニーズを引き出すことができた時は、そこに自分とキッコーマンの存在意義を感じ、嬉しい気持ちになりますね。もちろん毎回そんなにうまくお役立ちができるとは限りませんが、難しい案件だからこそ、成功した時の喜びはひとしおです。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

良いところ:とにかく一緒に働く人が魅力的で、良い雰囲気の中で仕事ができるところです。また新卒から入社しているとそのありがたさを忘れがちですが、福利厚生がとても充実しています。会社として働く人を大切にしている姿勢は、良いところの一つだと思います。
悪いところ:一生懸命考えたのですが、なかなか思い浮かびません…強いて言えば、事業規模が大きいために、臨機応変かつ迅速な対応が難しいことがあるところでしょうか。その中で最適解を見出すのが我々営業の仕事だと感じています。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

とにかく食べることと飲むことが大好きなので、美味しい料理とお酒を求めて飲み歩いています。行きつけのお店で1杯、ふらっと入ったお店でまた1杯、幸せなひとときです。外食だけでなく、自分が食べたいものを好きなだけ食べるために、家でじっくり料理をすることも多いです。そんな生活ばかりだと不健康になってしまいそうなので、自戒の念を込めて筋トレは欠かさないようにしています。去年始めたゴルフは完全にハマってしまい、会社の人や友達とラウンドに行くことも多くなりました。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

初任配属の北海道で幅広い業態(家庭用、業務用、加工用)での営業を学び、今の部署では加工用の専門部隊として働いています。一口に営業といっても色々なチャネルがあるため、可能な限りの領域を経験し、専門性と汎用性を兼ねそろえた営業マンになることが直近の目標です。その上で、商品開発やメニュー開発、マーケティングといった分野にも挑戦してみたいです。働く上で「人」が大切なこともよくわかったので、採用や教育を行う人事にも興味があります。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

自分が就職活動をしていたのは約6年前になりますが、つい昨日のことのようです。面接で自分を思うように表現できなかったり、選考に落ちてしまったり、不安や絶望を感じることも少なくないと思います。でも、自分の熱意が届く時は必ずあります。本当にやりたいことは何なのか、その仕事を通じて自分がどうなりたいのかを徹底的に考え抜き、その熱意を思い切って伝えていけば、きっとうまくいきます。キッコーマンという会社を選択肢の一つに入れてもらえれば、とても嬉しく思います。頑張ってください!