※内容は掲載時点のものです

 

首都圏支社 横浜支店

2014年度入社 政治経済学部 国際政治経済学科卒

Q1.入社の動機、キッコーマンに決めた理由を教えてください。

もともと「日常的に身近に存在するもの」を扱って仕事ができる、メーカーを志望していました。
中でもキッコーマンは、扱っている商材が多岐に渡り、且つ活躍の場も世界中に開かれています。
そんな、「多くのお客様の食生活に貢献できる」という点を非常に魅力に感じ、入社を決めました。
また、選考が進んでいくにつれ、様々な社員の方とお会いする機会があったのですが、皆さんがとても親身に話を聞いてくれる姿勢に感銘を受けたのも決め手の一つです。

 

Q2.現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

提案した企画や商品が、得意先の売上の増加に貢献した時です。
現在私は量販店向けの営業を担当しています。
担当得意先の月別の企画依頼や催事などに合わせて、どのような商品をどのように展開していけばいいか、バイヤーと日々商談をしております。
その中で、提案通りに商品が大きく売れると、バイヤーからも感謝され、大きな達成感が生まれます。
また、提案した商品が採用されると、店頭で大きく展開され、売れていく様子が目に見えるということも、量販店営業の醍醐味の一つだと思います。

Q3.会社のいいところと悪いところを教えてください。

良いところは二つあり、一つ目は歴史に裏打ちされた高品質な商品が数多くあることです。日々の営業活動においても、誇りを持って商品の提案ができます。二つ目は、社員一人一人がとても親身な方であるということです。仕事をしていく上で不安な点や相談事も多く生じるのですが、先輩方が本当に親身に話を聞いてくれます。
悪いところは、扱う商材が多く、また歴史の深い会社なので、学ぶことが非常に多いということです。ただそれもやりがいの一つになっていますね。

Q4.オフの時は何をして過ごしていますか?

運動することが好きなので、主に外に出て体を動かして過ごしています。学生時代はサッカー部に所属しており、現在はフットサルチームに所属し、定期的に大会にも出場しています。平日の夜は近くのスポーツジムで体を動かすことが日課となっており、毎日のように汗だくになって帰宅しています(笑)
会社の同期とも非常に仲が良く、今でも定期的に集まってお酒を飲んでいます。公私ともに付き合いが深く、家族同士で旅行にでかけたりもしています。

 

Q5.将来の自分のキャリアビジョンを教えてください。

将来的には、営業部門・間接部門ともに経験し、どちらの部門でも活躍できる人物になりたいと考えています。
現在はまだ営業しか経験していません。そのため、業務中に社内のしくみをもっと知っていれば、より効率的に業務を遂行できると感じる点が多くあります。
逆もしかりで、次の異動先で間接部門になった場合はこの営業の経験が必ず生きてくると感じております。社内外のことを両方とも経験することで、より深みのある社会人になれると考えています。

Q6.就職活動中の学生へ、メッセージをお願いします。

就職活動は受験と違い、偏差値の高い低いはなく、この選択肢が正解というものはありません。周りに流されず、自分の将来や優先順位を自分なりに考えた上で、業界・企業を選定してみてください。
その際は、あらゆる可能性を排除せずに一度検討することをお勧めします。興味がない業界でも、一度説明会に参加することで、見方が大きく変わることもあります。
皆さんが、考え抜き、もっとも納得できる選択ができることを応援しています。その上で、キッコーマンを選んで頂けたら、一緒に働けることを楽しみにしています。