グローバルビジョン2030

2018年4月、キッコーマン株式会社は、新たな長期ビジョン『グローバルビジョン2030』を策定しました。これは2030年を目標とするキッコーマングループの【目指す姿】とその戦略を定めたものであります。2030年に向けて、「新しい価値創造への挑戦」をテーマに、キッコーマングループは大いなる挑戦をしてまいります。

目指す姿

(1)キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にする

北米市場において「キッコーマンしょうゆ」が日常生活に浸透しているような姿を、世界中で展開し、各国の食文化との融合を実現していく

(2)世界中で新しいおいしさを創造し、より豊かで健康的な食生活に貢献する

常に革新と差異化に挑戦することで、世界中の人々のおいしさや健康につながる価値ある商品・サービスを提供していく

(3)キッコーマンらしい活動を通じて、地球社会における存在意義をさらに高めていく

地球社会が抱える課題の解決に寄与することにより、世界中の人々からキッコーマンがあってよかったと思われる企業になる

重点戦略(2030年への挑戦)

【No.1バリューの提供】

①グローバルNo.1戦略(しょうゆ、東洋食品卸)

ビジネスモデルをより発展させ、グローバルNo.1の地位を強固なものとしていく

②エリアNo.1戦略(デルモンテ、豆乳、ワイン、バイオ事業)

特定の地域、領域で確かな価値を提供し、エリアNo.1の地位を固めていく

③新たな事業の創出

内部資源と外部資源を有効に活用し、新たな事業の創出に挑戦していく

【経営資源の活用】

①発酵・醸造技術のさらなる活用

発酵・醸造技術と食品加工技術を進化させ、「新しい価値の提供」を行っていく

②人材・情報・キャッシュフロー

最大限活用することで「No.1バリューの提供」を推進・加速する。