商標・ブランド

キッコーマングループのブランド戦略における知的財産部の役割は、商標権等の権利取得・保護等の法的側面からの支援を行うことです。
ブランドは、グループの企業価値や、提供する商品やサービスの価値を象徴し、グループの事業拡大と発展に貢献する重要な無形資産です。

商標権について

キッコーマングループにおける過去5年間の保有商標件数の推移は下記のとおりです。

商品のライフサイクルにあわせて保有する権利の見直しを実施し、維持あるいは放棄の判断を行っています。

商品群ブランドおよび商品商標・役務商標

商品商標・役務商標は、それぞれキッコーマングループの商品・サービスを安心して選んでいただくための、技術で差別化された個々の商品・サービスの顔として機能します。
国内では下記商品群ブランドを冠した商品に、また、海外では販売する国ごとに「Pearl®(豆乳、米国)」「萬字®(しょうゆ、中国)」等必要に応じて適切な権利化を行います。
また、グループ会社の通販事業である「健康こだわり便®」、野菜苗販売のキャッチフレーズである「育てるをはじめよう。®」などの役務商標も、グループの事業を支える重要な知的財産です。

商品商標の一例:国内(Ⓡは登録商標)

商品群ブランド 商品商標
キッコーマン
(しょうゆ・和風調味料など)
デルモンテ
(洋風調味料・飲料など)
マンジョウ
(みりん・料理酒など)
マンズワイン
(ワイン)

「KIKKOMAN」および「六角形マーク」の商標権取得状況

1940年、当社は日本における商標をキッコーマンに統一しました。
その後、キッコーマングループの海外進出に伴い、世界各国で「KIKKOMAN」「六角形マーク」の権利化をしています。
2016年3月31日現在、「KIKKOMAN」は165カ国に、「六角形マーク」は167カ国において権利化しています(いずれも日本を含む)。
現在出願中の国もあり、順次権利化を目指しています。

「KIKKOMAN」を権利化している国

「KIKKOMAN」を権利化している国

「六角形マーク」を権利化している国

「六角形マーク」を権利化している国

「デルモンテ」商標

キッコーマンは、1990年、グローバル・ブランド「デルモンテ」のアジア・オセアニア地域における商標使用権・販売権を永久的に取得しています。

対象地域は以下の通りです。

商品ラインナップはこちら