主な取り組み

環境マネジメントの推進

ISO14001認証取得

キッコーマングループは、環境マネジメントを推進するにあたり、ISO14001国際規格を効果的なツールと考え、1997年5月にキッコーマン野田プラント(現:キッコーマン食品野田工場)で、日本の食品業界最初のケースとして、ISO14001の認証を取得しました。その後、「2005年度までに主要事業所で認証を取得すること」を目標にして作業を進め、2006年2月の近畿支社の認証取得をもって目標を達成しました。

ISO14001一括認証取得審査(クロージングミーティング)

ISO14001一括認証取得審査(クロージングミーティング)
(2011年5月)

キッコーマングループISO14001認証書

キッコーマングループISO14001認証書

2011年6月には、キッコーマングループの国内主要事業所を対象とするISO14001の一括認証を取得し、環境マネジメント推進体制のより一層の強化を図りました(社会・環境報告書2012【詳細版】のp14に掲載)。
さらに、2015年9月にISO14001の国際規格自体が大幅に改定されたことに伴い、キッコーマングループでは、運用している環境マネジメントシステム(EMS)を新しい国際規格(ISO14001:2015)に適合するものに改定するとともに、新しい国際規格に則った内部環境監査が実施できる監査員の養成などを推し進め、2017年6月には新しい国際規格での一括認証を再取得しました。

【表】キッコーマングループにおけるISO14001認証取得の歴史

取得年 事業所名
1997年
  • キッコーマン野田プラント(→現・キッコーマン食品野田工場)
1998年
  • キッコーマン高砂工場(→現・キッコーマン食品高砂工場)
1999年
  • 日本デルモンテ福島工場
  • キッコーマン千歳工場(→現・北海道キッコーマン)
  • キッコーマン野田工場(野田エリア・中根エリア)(→現・キッコーマン食品野田工場)
2000年
  • 日本デルモンテ群馬工場
  • マンズワイン
2001年
  • 日本デルモンテ長野工場
  • キッコーマン野田工場(中野台エリア)(→現・キッコーマンフードテック中野台工場など)
2002年
  • 紀文フードケミファ岐阜工場(→現・キッコーマンソイフーズ岐阜工場)
  • KIKKOMAN FOODS, INC.(KFI)ウィスコンシン工場(アメリカ)
  • KIKKOMAN FOODS EUROPE B.V.(KFE)(オランダ)
  • KIKKOMAN (S) PTE LTD(KSP)(シンガポール)
  • 紀文フードケミファ鴨川工場(→現・キッコーマンバイオケミファ鴨川プラント)
  • キッコーマン江戸川プラント(→現・キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)
2003年
  • キッコーマン酒造工場(→現・流山キッコーマン)
  • KIKKOMAN FOODS, INC.(KFI)カリフォルニア工場(アメリカ)
  • 紀文フードケミファ埼玉工場(→現・キッコーマンソイフーズ埼玉工場)
2004年
  • キッコーマン研究本部(→現・キッコーマンR&D)
  • キッコーマン野田本社(→現・キッコーマン野田本社)
2005年
  • 日本デルモンテ全体での再取得
  • キッコーマン東京本社(→現・キッコーマン東京本社)
2006年
  • キッコーマン近畿支社(→現・キッコーマン食品近畿支社)
2011年
  • キッコーマングループ国内一括認証取得
    (江戸川食品(現・キッコーマンフードテック江戸川工場)が認証対象企業として加わる)
2013年
  • 宝醤油が一括認証対象企業に加わる
2015年
  • キッコーマンソイフーズ茨城工場が一括認証対象企業に加わる
2017年
  • 新しい国際規格(ISO14001:2015)での一括認証の再取得
    埼玉キッコーマンが一括認証対象企業に加わる
2018年
  • キッコーマンフードテック西日本工場が一括認証対象企業に加わる

環境監査の実施

国内外のISO14001認証取得事業所については、定期的に、資格を持つ社員で構成されたチームによる内部環境監査と、外部の認証推奨団体によるISO14001認証更新・維持審査を受けるとともに、監査・審査結果の水平展開などを通して事業所間での情報の共有化を進め、さらなる環境マネジメントのレベル向上を図っています。

マンズワイン小諸ワイナリー

マンズワイン小諸ワイナリー

小諸ワイナリーでのISO14001認証維持審査 (2013年4月)

小諸ワイナリーでのISO14001認証維持審査
(2013年4月)

また、国内の事業所(工場など)については、毎年秋(10~12月)、キッコーマン環境部が赴き、現場管理者、環境関連施設管理者や担当者との間で情報を交換したり、環境関連施設などを視察する「事業所訪問」も行っています。
「事業所訪問」では、現場の稼働状況、各事業所(工場など)での省エネ・CO₂削減計画の進捗や環境関連法規への対応、環境ヒヤリハットの運用(後記)などの説明を聞き、得られた情報を解析して問題点を洗い出し、対策を提案するとともに、より効率的な省エネ・CO₂削減計画の立案を手助けします(社会・環境報告書2015【詳細版】のp35に掲載)。

事業所訪問での情報交換会 (2014年11月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

事業所訪問での情報交換会
(2014年11月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

事業所訪問での情報交換会 (2015年7月、日本デルモンテ長野工場)

事業所訪問での情報交換会
(2015年7月、日本デルモンテ長野工場)

事業所訪問での場内雨水路視察 (2013年10月、キッコーマン食品高砂工場)

事業所訪問での場内雨水路視察
(2013年10月、キッコーマン食品高砂工場)

事業所訪問での排水処理関連施設視察 (2014年11月、日本デルモンテ群馬工場)

事業所訪問での排水処理関連施設視察
(2014年11月、日本デルモンテ群馬工場)

さらに、海外の主要製造会社については、キッコーマン環境部がそれぞれ3年ごとに赴き、環境関連施設も含めた視察や従業員への環境教育を行っています。

海外企業の従業員に対する環境教育 (2014年10月、KFE(オランダ))

海外企業の従業員に対する環境教育
(2014年10月、KFE(オランダ))

海外企業の従業員に対する環境教育 (2015年9月、KFIウィスコンシン工場(アメリカ))

海外企業の従業員に対する環境教育
(2015年9月、KFIウィスコンシン工場(アメリカ))

ISO14001の実践

キッコーマングループでは、会社、事業所、環境関連施設(排水処理・廃棄物保管施設など)の管理者、ISO14001事務局担当者などの間で情報交換会を定期的に開催することで円滑な交流を図るとともに、各種環境情報(法令の発効・改定、他の事業所でのISO14001の運用状況、環境関連施設の稼働状況や問題点、公害防止・環境保全に関するノウハウや新技術など)の共有化を強く推し進めています。

クロス内部監査(2012年度の様子)

クロス内部監査(2012年度の様子)

環境ヒヤリハット報告書

環境ヒヤリハット報告書

たとえば、キッコーマングループがISO14001の一括認証を取得したのを機に、翌2012年度から始めた「クロス内部監査」や「環境ヒヤリハット報告」も、そのひとつです。
「クロス内部監査」は、各事業所がISO14001の規格に基づいて実施している内部環境監査に、他の事業所の内部監査員が参加するという監査制度で、各事業所間でのシステムのレベル合わせ、内部監査員ひとりひとりの力量と監査業務の質の向上、担当者間コミュニケーションの緊密化を目的としています。
また、「環境ヒヤリハット報告」は、企業活動の中に潜んでいる、環境汚染などに結びつく危険性のある事象――それゆえに、心理的にヒヤリとしたり、ハッとしたりした経験(環境ヒヤリハット)――が事業所で発生した場合に、報告を義務付けるシステムです。「環境ヒヤリハット」が発生した事業所では、事象発生原因を調査し、再発防止策を検討したうえで、報告書をとりまとめます。そして、これらの報告書が各事業所に配布されることにより、情報の共有化と、環境汚染などの事前抑止力の向上が図られています(社会・環境報告書2013【詳細版】のp16、社会・環境報告書2014【冊子版】のp20及び【詳細版】のp30に掲載)。

社員への環境教育

1)一般教育

新入社員研修(2011年4月)

新入社員研修(2011年4月)

新入社員研修(2015年4月)

新入社員研修(2015年4月)

キッコーマンビジネスサービス人事部が定期的に行っている「新入社員研修」「中堅社員研修」「海外赴任社員研修」などの社員研修カリキュラムに環境保全に関する講座を積極的に組み入れることや、従業員を対象としたオープンな環境保全講座を開催することで、グループ全体の環境保全意識の向上を図っています。

キッコーマングループでは、2016年から毎年、社外の有識者をお招きし、環境講演会を開催しています(2016年:C.W.ニコル氏講演会、2017年:養老孟司氏講演会)。

養老孟司氏講演会(2016年9月、キッコーマン野田本社およびキッコーマン東京本社)

岸由二氏講演会(2017年9月、キッコーマン野田本社およびキッコーマン東京本社)

養老孟司氏講演会(2016年9月、キッコーマン野田本社およびキッコーマン東京本社)

2017年には、9月にキッコーマン野田本社(千葉県野田市)とキッコーマン東京本社(東京都港区)において、岸由二氏を講師に招き、講演会を開催しました。
慶應義塾大学名誉教授(進化生態学)、国土交通省河川分科会委員、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表理事、NPO法人小網代野外活動調整会議代表理事などをお務めになる岸由二氏は、「雨水が水系に集まる大地の領域」すなわち「流域」の重要性に着目し、『水を、何トンの水とかいうように「モノ」として考えることと、大地に即して流れる「水のカタチ」、すなわち流域としてとらえることとでは根本的な違いがある。水を流域的に見れば、水への働きかけも実践的にできるようになる』という考え方から、日本各地で流域全体を視野に入れた治水活動に力を入れておられます。また、流域が持つ多様な自然力を生かして、『それぞれの姿をしっかり観察して変化を見定め、それぞれの自然力に適した保全活動を推進する』という考えの下に、三浦半島小網代の森の保全活動を精力的に進めておられます。
約1時間半の講演会では、「流域が育む奇跡の自然:小網代の谷 ~環境を新しい視点から~」と題し、「水を流域として考えることの重要性」「流域全体を考えない治水活動の危うさ」「流域の視点を生かした防災のあり方」「流域を課題に含めていない日本の教育の欠陥」などを具体的に指摘したうえで、「一つの流域の自然力をまるまる保全している小網代の森」の現状を紹介され、『自然は、一律的に「完成した統合的な生態系」などとして安定することはない。自然を保護するには、それぞれの姿をしっかりと観察して変化を見定め、それぞれの自然に適した目的を皆で見定めることが大切である』『人間は、二本の足で大地に登場して以来、地球と深く関わってきた。「人間の手が入らないことが自然だ」ということではなく、「自然にどう手を入れるのか」「どう手入れをすれば合理的か」という視点で自然に向き合うことが大切だ』と説かれました。
お話の中では、たとえば『小網代の森のアカテガニは、森に棲み、海で産卵し、子ガニは干潟で成長する。だから、「この地域には、こんな植物がいるから、その場所を守れ」といった自然界の限られた領域だけで生態系を守ろうとする考え方では、保全はうまくいかない。森・干潟・海をひとくくりにした流域思考で考えることが重要になる』などという分かりやすい具体例を、いくつも紹介されました。
講演会に参加した社員からは、「実体験に基づいたお話でよかった」「岸先生の自然保護活動はアグレッシブで励みになった」「身近な生態系の話から哲学的な話まで非常に興味深かった」「流域思考という考え方は興味がもてた。もっと深く知りたいので本を読みたいと思う」「自然保護と災害の関係性が理解できた」「小網代の森に行って、講演ビデオで拝見したカニを見てみたいと思った」などの感想が寄せられました。
後日、講演内容と、岸氏来社時に開催したキッコーマングループCEOとの特別対談の様子とをまとめた冊子を社内配布し、当日は参加できなかった社員にも、岸氏の講演内容を紹介し、自然について考える機会を設けました(環境保全活動事例集に掲載)。

冊子「『豊かな自然を考える講演会』記録 養老孟司氏をお迎えして ~環境を考える上で大切なこと~」

冊子「『豊かな自然を考える講演会』記録 岸由二氏をお迎えして 「流域が育む奇跡の自然:小網代の谷」~環境を新しい視点から~」

キッコーマングループは、グループ内での「環境を大切にする風土づくり」を推し進めており、従業員一人ひとりが環境の重要性を考える「きっかけづくり」のひとつとして、環境月間に当たる2017年6月に、全従業員を対象に「環境を大切にしよう」と呼びかける環境標語の募集を実施しました。
合計819件にも上る応募作品の中から三段階にわたる審査を経て、入選作品14作品を選びました(うち4作品を以下に記載)。

 【最優秀作】温暖化 地球が出した イエローカード (キッコーマン食品野田工場社員)
 【優秀作(特別賞)】100年度 残しておきたい 青い地球(ほし) (日本デルモンテ群馬工場社員)
 【優秀作】むだにしない 意識の量だけ ゴミが減る (キッコーマンソイフーズ岐阜工場社員)
      垂れ流し 知らず知らずに 水の危機 (キッコーマン飲料社員)

これらの入選作品は、さまざまな環境教育の場面などで活用し、従業員の環境保全に対する意識向上を図るためのツールとして利用しています。

2)専門教育

キッコーマングループでは、「ISO14001内部監査員養成研修」「ISO14001内部監査員力量向上研修」「環境管理責任者力量向上研修」「排水処理施設管理者研修」「産業廃棄物管理者研修」などを定期的に開催し、それぞれの管理者・担当者の力量の向上を図っています。

内部監査員養成研修(2013年7月)

ISO14001内部監査員養成研修(2013年7月)

内部監査員養成研修(2015年7月)

ISO14001内部監査員養成研修(2015年7月)

たとえば、「ISO14001内部監査員養成研修」は、毎年7月に環境マネジメントに関するコンサルタント業者を講師に招いて開催している研修で、毎年20名強が出席し、環境マネジメントシステム(Environmental Management System(EMS))、ISO14001規格要求事項、内部環境監査などについて学びます。2013年度からは、養成研修を終えた内部環境監査員を対象とする「力量向上研修」の実施も開始しました。同研修では、具体的な監査ポイントや着眼点などについて触れ、監査員ひとりひとりの監査能力の向上に努めています(環境保全活動事例集に掲載)。

ISO14001内部監査員力量向上研修(2016年9月)

ISO14001内部監査員力量向上研修(2016年9月)

ISO14001:2015講習会(2016年9月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

ISO14001:2015講習会(2016年9月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

2016年度からは、2015年9月に大幅改定された新しい国際規格(ISO14001:2015)に則った内部環境監査を実施できる力量を備えさせるための研修を開催しています。また、キッコーマン環境部の社員が、ISO14001認証取得企業のエリア(工場や事業所)を順番に巡り、エリア経営層(社長や工場長)、環境管理責任者やEMS事務局担当者、環境関連施設管理者などを対象に、新しい国際規格(ISO14001:2015)の講演会も開催しています。

産業廃棄物管理者研修(2014年3月)

産業廃棄物管理者研修(2014年3月)

産業廃棄物管理者研修(2016年3月)

産業廃棄物管理者研修(2016年3月)

また、「産業廃棄物管理者研修」は、国内主要事業所の廃棄物管理者を対象とした研修で、外部の専門家を講師に迎え、廃棄物の分類、廃棄物関連法規と排出者責任、収集運搬及び処分業者の選択や委託契約、産業廃棄物管理票(マニフェスト)や電子マニフェストの取り扱い(申請・運用・確認などの方法)など、産業廃棄物管理上必要な基本的事項から、廃棄物処理に関する最新の技術まで、幅広く学ぶことができる内容になっています。研修終了後にはテストを実施し、出席者の習熟度や力量を測ります(社会・環境報告書2015【詳細版】のp44や環境保全活動事例集に掲載)。

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

「排水処理施設管理者研修」は、キッコーマングループの国内主要事業所の排水処理施設管理者を対象とした研修で、排水処理の専門家から最新の排水処理技術に関するレクチャーを受け、キッコーマングループの工場の排水処理施設を教材とする実習も体験学習します(社会・環境報告書2014【詳細版】のp34、社会・環境報告書2015【詳細版】のp44、環境保全活動事例集などに掲載)。

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)