主な取り組み

環境マネジメントの推進

ISO14001認証取得

キッコーマングループは、環境マネジメントを推進するにあたり、ISO14001国際規格を効果的なツールと考え、1997年5月にキッコーマン野田プラント(現:キッコーマン食品野田工場)で、日本の食品業界最初のケースとして、ISO14001の認証を取得しました。その後、「2005年度までに主要事業所で認証を取得すること」を目標にして作業を進め、2006年2月の近畿支社の認証取得をもって目標を達成しました。

ISO14001一括認証取得審査(クロージングミーティング)

ISO14001一括認証取得審査(クロージングミーティング)
(2011年5月)

キッコーマングループISO14001認証書

キッコーマングループISO14001認証書

さらに、2011年6月には、キッコーマングループの国内主要事業所を対象とするISO14001の一括認証を取得し、環境マネジメント推進体制のより一層の強化を図りました(社会・環境報告書2012【詳細版】のp14に掲載)。

【表】キッコーマングループにおけるISO14001認証取得の歴史

取得年 事業所名
1997年
  • キッコーマン野田プラント(→現・キッコーマン食品野田工場)
1998年
  • キッコーマン高砂工場(→現・キッコーマン食品高砂工場)
1999年
  • 日本デルモンテ福島工場
  • キッコーマン千歳工場(→現・北海道キッコーマン)
  • キッコーマン野田工場(野田エリア・中根エリア)(→現・キッコーマン食品野田工場)
2000年
  • 日本デルモンテ群馬工場
  • マンズワイン
2001年
  • 日本デルモンテ長野工場
  • キッコーマン野田工場(中野台エリア)(→現・平成食品工業中野台工場など)
2002年
  • 紀文フードケミファ岐阜工場(→現・キッコーマンソイフーズ岐阜工場)
  • KIKKOMAN FOODS, INC.(KFI)ウィスコンシン工場(アメリカ)
  • KIKKOMAN FOODS EUROPE B.V.(KFE)(オランダ)
  • KIKKOMAN (S) PTE LTD(KSP)(シンガポール)
  • 紀文フードケミファ鴨川工場(→現・キッコーマンバイオケミファ鴨川プラント)
  • キッコーマン江戸川プラント(→現・キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)
2003年
  • キッコーマン酒造工場(→現・流山キッコーマン)
  • KIKKOMAN FOODS, INC.(KFI)カリフォルニア工場(アメリカ)
  • 紀文フードケミファ埼玉工場(→現・キッコーマンソイフーズ埼玉工場)
2004年
  • キッコーマン研究本部(→現・キッコーマンR&D)
  • キッコーマン野田本社(→現・キッコーマン野田本社)
2005年
  • 日本デルモンテ全体での再取得
  • キッコーマン東京本社(→現・キッコーマン東京本社)
2006年
  • キッコーマン近畿支社(→現・キッコーマン食品近畿支社)
2011年
  • キッコーマングループ国内一括認証取得(江戸川食品が認証対象企業として加わる)
2013年
  • 宝醤油が一括認証対象企業に加わる
2015年
  • キッコーマンソイフーズ茨城工場が一括認証対象企業に加わる
2015 年に一括認証取得対象として加わったキッコーマンソイフーズ茨城工場(茨城県猿島郡)

2015 年に一括認証取得対象として加わったキッコーマンソイフーズ茨城工場(茨城県猿島郡)

環境監査の実施

国内外のISO14001認証取得事業所については、定期的に、資格を持つ社員で構成されたチームによる内部環境監査と、外部の認証推奨団体によるISO14001認証更新・維持審査を受けるとともに、監査・審査結果の水平展開などを通して事業所間での情報の共有化を進め、さらなる環境マネジメントのレベル向上を図っています。

マンズワイン小諸ワイナリー

マンズワイン小諸ワイナリー

小諸ワイナリーでのISO14001認証維持審査 (2013年4月)

小諸ワイナリーでのISO14001認証維持審査
(2013年4月)

また、国内の事業所(工場など)については、毎年秋(10~12月)、キッコーマン環境部が赴き、現場管理者、環境関連施設管理者や担当者との間で情報を交換したり、環境関連施設などを視察する「事業所訪問」も行っています。
2014年度に実施した「事業所訪問」では、現場の稼働状況、各事業所(工場など)での省エネ・CO₂削減計画の進捗や環境関連法規への対応、環境ヒヤリハットの運用(後記)などの説明を聞きました。そして、得られた情報を解析して問題点を洗い出し、対策を提案するとともに、より効率的な省エネ・CO₂削減計画の立案を手助けしました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp35に掲載)。

事業所訪問での情報交換会 (2014年11月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

事業所訪問での情報交換会
(2014年11月、キッコーマンバイオケミファ江戸川プラント)

事業所訪問での情報交換会 (2015年7月、日本デルモンテ長野工場)

事業所訪問での情報交換会
(2015年7月、日本デルモンテ長野工場)

事業所訪問での場内雨水路視察 (2013年10月、キッコーマン食品高砂工場)

事業所訪問での場内雨水路視察
(2013年10月、キッコーマン食品高砂工場)

事業所訪問での排水処理関連施設視察 (2014年11月、日本デルモンテ群馬工場)

事業所訪問での排水処理関連施設視察
(2014年11月、日本デルモンテ群馬工場)

さらに、海外の主要製造会社については、キッコーマン環境部がそれぞれ3年ごとに赴き、環境関連施設も含めた視察や従業員への環境教育を行っています。

海外企業の従業員に対する環境教育 (2014年10月、KFE(オランダ))

海外企業の従業員に対する環境教育
(2014年10月、KFE(オランダ))

海外企業の従業員に対する環境教育 (2015年9月、KFIウィスコンシン工場(アメリカ))

海外企業の従業員に対する環境教育
(2015年9月、KFIウィスコンシン工場(アメリカ))

ISO14001の実践

キッコーマングループでは、会社、事業所、環境関連施設(排水処理・廃棄物保管施設など)の管理者、ISO14001事務局担当者などの間で情報交換会を定期的に開催することで円滑な交流を図るとともに、各種環境情報(法令の発効・改定、他の事業所でのISO14001の運用状況、環境関連施設の稼働状況や問題点、公害防止・環境保全に関するノウハウや新技術など)の共有化を強く推し進めています。

クロス内部監査(2012年度の様子)

クロス内部監査(2012年度の様子)

環境ヒヤリハット報告書

環境ヒヤリハット報告書

たとえば、キッコーマングループがISO14001の一括認証を取得したのを機に、翌2012年度から始めた「クロス内部監査」や「環境ヒヤリハット報告」も、そのひとつです。
「クロス内部監査」は、各事業所がISO14001の規格に基づいて実施している内部環境監査に、他の事業所の内部監査員が参加するという監査制度で、各事業所間でのシステムのレベル合わせ、内部監査員ひとりひとりの力量と監査業務の質の向上、担当者間コミュニケーションの緊密化を目的としています。
また、「環境ヒヤリハット報告」は、企業活動の中に潜んでいる、環境汚染などに結びつく危険性のある事象――それゆえに、心理的にヒヤリとしたり、ハッとしたりした経験(環境ヒヤリハット)――が事業所で発生した場合に、報告を義務付けるシステムです。「環境ヒヤリハット」が発生した事業所では、事象発生原因を調査し、再発防止策を検討したうえで、報告書をとりまとめます。そして、これらの報告書が各事業所に配布されることにより、情報の共有化と、環境汚染などの事前抑止力の向上が図られています(社会・環境報告書2013【詳細版】のp16、社会・環境報告書2014【冊子版】のp20及び【詳細版】のp30に掲載)。

社員への環境教育

1)一般教育

新入社員研修(2011年4月)

新入社員研修(2011年4月)

新入社員研修(2015年4月)

新入社員研修(2015年4月)

キッコーマンビジネスサービス人事部が定期的に行っている「新入社員研修」「中堅社員研修」「海外赴任社員研修」などの社員研修カリキュラムに環境保全に関する講座を積極的に組み入れることや、従業員を対象としたオープンな環境保全講座を開催することで、グループ全体の環境保全意識の向上を図っています。

C.W.ニコル氏講演会(2015年9月、キッコーマン野田本社およびキッコーマン東京本社)

C.W.ニコル氏講演会(2015年9月、キッコーマン野田本社およびキッコーマン東京本社)

 

2015年9月には、キッコーマン野田本社(千葉県野田市)とキッコーマン東京本社(東京都港区)において、長年に渡って環境保全活動に取り組んでおられるC.W.ニコル氏を講師に招き、従業員を対象とした講演会を開催しました。
英国ウェールズ出身のC.W.ニコル氏は、1980年から長野県に住み、1995年には日本国籍を取得。「C.W.ニコル・アファンの森財団」を設立して、荒廃していた黒姫の山林の保全に取り組み、自然を回復させた実績をお持ちで、また東北大震災復興支援にも活動を展開しておられます。
講演会では、ニコル氏は、ご自身のこれまでの実体験をユーモアたっぷりに説明され、一人一人がもっと森や水、動植物など、自然の重要性に気づき、深く関わろうとする姿勢を持ってほしいと話されました。
講演会に参加した社員からは、「自然と触れ合うことの大切さがよく分かった」「自然豊かな日本の良さを改めて再認識した」「自分の身近な自然について考え直すよいきっかけになった」などの意見が寄せられました(環境保全活動事例集に掲載)。

2)専門教育

キッコーマングループでは、「ISO14001内部監査員養成研修」「ISO14001内部監査員力量向上研修」「環境管理責任者力量向上研修」「排水処理施設管理者研修」「産業廃棄物管理者研修」などを定期的に開催し、それぞれの管理者・担当者の力量の向上を図っています。

内部監査員養成研修(2013年7月)

内部監査員養成研修(2013年7月)

内部監査員養成研修(2015年7月)

内部監査員養成研修(2015年7月)

たとえば、「ISO14001内部監査員養成研修」は、毎年7月に環境マネジメントに関するコンサルタント業者を講師に招いて開催している研修で、2013年度は24名、2014年は24名、2015年は24名が出席し、環境マネジメントシステム(Environmental Management System(EMS))、ISO14001規格要求事項、内部環境監査などについて学びました。2013年度からは、養成研修を終えた内部監査員を対象とする「力量向上研修」の実施も開始しました。同研修では、具体的な監査ポイントや着眼点などについて触れ、監査員ひとりひとりの監査能力の向上を図りました(環境保全活動事例集に掲載)。

産業廃棄物管理者研修(2014年3月)

産業廃棄物管理者研修(2014年3月)

産業廃棄物管理者研修(2016年3月)

産業廃棄物管理者研修(2016年3月)

また、「産業廃棄物管理者研修」は、国内主要事業所の廃棄物管理者を対象とした研修で、2014年3月度と2015年3月度の研修では、廃棄物の分類、収集運搬及び処分業者の選択や委託契約、産業廃棄物管理票(マニフェスト)や電子マニフェストの取り扱い(申請・運用・確認などの方法)など、産業廃棄物管理の基本的な事項についての再確認を行った後、収集運搬及び処分業者を講師に迎え、廃棄物処理の昨今の技術などについてのレクチャーを受けました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp44に掲載)。2016年3月には、廃棄物に関するコンサルタントを講師に招いて、廃棄物関連法規と排出者責任に関する勉強会を開催し、管理者の知識および力量の向上を図りました。この他、2015年6月には野田・流山地区(千葉県)の各事業所の廃棄物管理者らを対象とする一般廃棄物の取り扱いに関する情報交換会を、翌2016年1月には電子マニフェストの取り扱いに関する説明会を、また2015年11月にはマンズワイン勝沼ワイナリー(山梨県)の廃棄物管理者らを対象に、廃棄物の収集・運搬および処分時のマニフェストの流れ、収集・運搬および処分の委託業者との契約における原則や具体的な違反例などを学ぶ地区別の勉強会を、それぞれ開催しました。会終了後にはテストを実施し、出席者の習熟度や力量を測りました。

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

排水処理施設管理者研修(2014年8月、キッコーマン食品野田工場)

「排水処理施設管理者研修」は、キッコーマングループの国内主要事業所の排水処理施設管理者を対象とした研修で、2013年7月度の研修では、排水処理の専門業者を講師とする最新の排水処理技術に関するレクチャーを受けた後、各事業所での排水処理施設の現状を報告し、問題点の改善策などを話し合いました(社会・環境報告書2014【詳細版】のp34に掲載)。さらに、2014年8月度の排水処理施設管理者研修では、実際の排水処理施設(キッコーマン食品野田工場)に専門業者を迎え、排水処理についての実務も体験学習しました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp44に掲載)。この実際の排水処理施設を教材とした実習は受講者(現場管理者)から「実学的な内容で、大変勉強になった」と非常に好評であったことから、2015年7月にも流山キッコーマンの排水処理施設を教材に、排水処理専門業者による「排水モニタリング診断」結果報告と、そこから導き出されるより効率的かつ安定的な施設管理のあり方とを、実習も交えた講義形式で学びました。

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)

排水処理施設管理者研修(2015年7月、流山キッコーマン)