主な取り組み

環境コミュニケーションの推進

キッコーマングループは、社会・環境報告書や環境会計、環境保全活動事例集などを公表することを通して、ステークホルダーとの情報共有に努めています。また、国・地方の行政機関・教育機関・業界・関連団体と連携・協働し、グループ内の情報、技術、経験を広く地球社会の環境保全活動に活用しています。

地域社会とのコミュニケーション

キッコーマングループは、地域の行政機関への協力、教育機関や関連団体との連携・協働を通して、長年の企業活動から培った経験や技術、情報などを地域社会の環境保全活動に役立てるように努めています。

1)環境マネジメント・インターンシップの受け入れ(キッコーマン)

キッコーマンでは、2006年度より環境マネジメント・インターンシップ「環境保全実務学習講座(約30時間の講義・実習、1単位)」を開催し、毎年、千葉大学、東京家政大学などの学生を受け入れています。

環境マネジメント・インターンシップ 「工場施設見学」(2016年度)

環境マネジメント・インターンシップ
「工場施設見学」(2016年度)

環境マネジメント・インターンシップ 「排水処理施設見学」(2013年度)

環境マネジメント・インターンシップ
「排水処理施設見学」(2013年度)

環境マネジメント・インターンシップ 「環境関連分析実習」(2014年度)

環境マネジメント・インターンシップ
「環境関連分析実習」(2014年度)

環境マネジメント・インターンシップ  「臭気検査実習」(2015年度)

環境マネジメント・インターンシップ
「臭気検査実習」(2015年度)

これまでの受講生達からは、「地球環境の現状の深刻さがよく理解でき、企業による環境保全活動の重要性が実感できた」「ますます公園・緑地環境に関わる職業に就きたいと思うようになった」といった感想が寄せられています。

インターンシップ合同報告会(2013年度、東京都庁)

インターンシップ合同報告会(2013年度、東京都庁)

2013年11月には、東京都庁において、各社のインターンシップを受講した学生達による合同報告会も開催され、キッコーマンの受講生達も成果を報告し、活発な議論を交わしました(社会・環境報告書2014【詳細版】のp33、社会・環境報告書2015【詳細版】のp39に掲載)。

2)「エコ学習」開催(キッコーマン)

キッコーマンでは、2008年度から毎年2 回(春と秋)、清水公園(千葉県野田市)において、近隣の小学生を対象とした「エコ学習」を開催しています。

「エコ学習」(2013年3月、清水公園)

「エコ学習」(2013年3月、清水公園)

「エコ学習」(2014年10月、清水公園)

「エコ学習」(2014年10月、清水公園)

参加した小学生は、数班の小グループに分かれて、公園職員や自然インストラクターとともに園内を巡りながら、さまざまな動植物や昆虫の生きる姿を観察し、触れ、採集することを通して、自然の大切さを学んでゆきます。そして、小学校に戻った後に、学んだ内容を皆で話し合ったり、班ごとに「壁新聞(ポスター)」や「小冊子」にまとめ、発表会を行ったりします(社会・環境報告書2015【詳細版】のp38に掲載)。

小学生が「エコ学習」の成果をまとめた「壁新聞」 (2011年度)

小学生が「エコ学習」の成果をまとめた「壁新聞」
(2011年度)

「エコ学習」の成果をまとめた「小冊子」 (2015年3月)

「エコ学習」の成果をまとめた「小冊子」
(2015年3月)

3)「夏休みワークショップ(環境教育講座)」開催(キッコーマン)

キッコーマンでは、2014年度から夏休み(7~8月)に、小学生を対象としたワークショップ「工場とエコロジー」を開催しています。

「夏休みワークショップ」(2015年7月と8月、もの知りしょうゆ館)

「夏休みワークショップ」(2015年7月と8月、もの知りしょうゆ館)

「夏休みワークショップ」(2015年7月と8月、もの知りしょうゆ館)

このワークショップでは、参加した子供たちにしょうゆ製造工程における環境保全活動と、子供たちでも実践できる環境に配慮した生活の工夫などを、できるだけ楽しく理解してもらえるように説明します。
参加した子供たちからは、「しょうゆのことがよくわかってよかった」「しょうゆづくりにムダはないんだなとわかった」「自分でできるエコをみんなでがんばりたいと思った」などの感想が寄せられています。

4)関連団体との連携・協働(キッコーマン)

キッコーマンは、関東農林水産関連企業環境対策協議会、食品産業センター環境委員会、千葉県環境保全協議会、PETボトルリサイクル推進協議会、ガラスびん3R促進協議会、日本容器包装リサイクル協会PETボトル事業委員会、酒類PETボトルリサイクル連絡会などの企業会員として、多方面にわたって環境保全活動の推進に努めています。
キッコーマンの本社がある千葉県では、2020年を目標年とする生物多様性条約「愛知目標」の達成を目指して、生物多様性の保全及び持続可能な利用の取り組みを支援・強化するため、2013年4月に官民協力のもとで「生物多様性ちば企業ネットワーク」が立ち上がりました。キッコーマンは立ち上げの時点から参加し、定期的に開催される企業間での情報交換会などで活発に活動しています。

生物多様性サテライト(もの知りしょうゆ館)

生物多様性サテライト(もの知りしょうゆ館)

工場見学施設である「もの知りしょうゆ館」内に、生物多様性の重要性を発信するコーナー「生物多様性サテライト」を新設しました(社会・環境報告書2014【詳細版】のp32に掲載)。

また、業界・行政・教育・NPO団体からの要請に応じ、工場における環境関連施設の公開、グループが持つ環境保全に関する情報・技術・経験などの社外への発信・提供などを通して、社会での環境保全活動の拡大を強く推し進めています。

練馬区教職員民間企業研修の環境保全講座 (2015年8月、キッコーマン野田本社)

練馬区教職員民間企業研修の環境保全講座
(2015年8月、キッコーマン野田本社)

大学での環境保全講座 (2015年10月、神奈川工科大学)

大学での環境保全講座
(2015年10月、神奈川工科大学)

一般社会とのコミュニケーション

キッコーマングループの環境保全活動を広く社会に公表し、環境保全に向けて、社会の幅広い方々との絆づくりに努めています。

1)「エコプロダクツ展」への出展(キッコーマングループ)

キッコーマングループは、毎年東京ビッグサイトで開催される、日本最大級の環境配慮型製品・環境関連技術の展示会「エコプロダクツ展」に2005年から出展しています。

展示ブース(2013年度)

展示ブース(2013年度)

デモンストレーション(2015年度)

デモンストレーション(2015年度)

エコプロダクツ展では、「おいしい記憶は豊かな自然から」をテーマに、製造工程での省エネや副産物の有効利用の事例など、グループ内で進められているさまざまな環境保全活動をパネル展示やデモンストレーション(社員による4種類のデモ実験「エコ教室」)を通して紹介しました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp38に掲載)。

2)もの知りしょうゆ館での環境保全活動展示(キッコーマン)

パネル展示「しょうゆの製造工程と環境保全」

パネル展示「しょうゆの製造工程と環境保全」

キッコーマン食品のしょうゆ製造工程を分かりやすく展示している「もの知りしょうゆ館」の一角に、しょうゆ製造工程における環境保全活動を分かりやすくまとめたパネルも常設展示しています。

3)社会・環境報告書、環境保全活動事例集の公表(キッコーマングループ)

「社会・環境報告書(データブック)」と「環境保全活動事例集」にキッコーマングループの環境保全活動をまとめ、WEB上で公表しています。