主な取り組み

容器・包装の工夫

キッコーマングループにおける体制

2008年3月、キッコーマングループは「容器包装に関する指針」を明文化し、お客様の利便性と安全性を高め、減量化、再生利用など環境負荷低減を目指す姿勢を明確にしました。

容器包装に関する指針

キッコーマングループは、地球環境への負荷が少なく、お客様にとって安全で使いやすく、製造・輸送・保管・販売に適した容器包装の調達、開発、商品化を行う。

1

容器包装の減量化に努める。

2

リターナブル容器包装の導入、使用に努める。

3

分別や再利用しやすい形状設計および材質を検討してその実用化に努めると共に、各国法令等を順守し、再商品化を促進する。

4

持続可能な資源の利用に努める。

5

環境に配慮する企業からの調達を推進する。

6

人体に安全な材質・形状の資材を使用する。

7

お客様の要望、購入・使用状況を反映した容器包装の開発に努める。

8

多様なお客様にも使いやすいユニバーサルデザインを考慮した容器包装の開発に努める。

(環境経営報告書2008のp35に掲載)

そして、常務執行役員を委員長とし、生産・設備・物流・開発・購買・環境などの関連部門から構成される「容器包装委員会」を設け、容器包装に関わる環境面からの問題解決に努めています。

しょうゆ及びしょうゆ関連調味料の容器包装に関する取り組み(キッコーマン食品など)

しょうゆは、古くからある調味料です。しょうゆがいつ頃から用いられるようになったのかはよく分かってはいませんが、飛鳥時代の法令「大宝律令(たいほうりつりょう)」の中に、宮中にしょうゆの前身と見られる「醤(ひしお)」の製造や管理に関する部署があったとの記述があります。そうしたしょうゆの長い歴史における容器包装の歩みを眺めると、古くから環境面への配慮や工夫が凝らされていたことが見てとれます。

しょうゆ徳利(とっくり)(ともに野田市郷土博物館所蔵)

しょうゆ徳利(とっくり)(ともに野田市郷土博物館所蔵)

しょうゆ徳利(とっくり)(ともに野田市郷土博物館所蔵)
コンプラ瓶(びん)(キッコーマン国際食文化研究センター所蔵)

コンプラ瓶(びん)
(キッコーマン国際食文化研究センター所蔵)

結樽(ゆいだる)(キッコーマン国際食文化研究センター所蔵)

結樽(ゆいだる)
(キッコーマン国際食文化研究センター所蔵)

昔からしょうゆなどの容器として用いられてきた甕(かめ)、壺、瓶(びん)などの陶磁器や、しょうゆが主要な生産拠点で工業的に大量に生産されて全国各地へ輸送されるようになる江戸時代の前期頃から用いられるようになった杉板の結樽(ゆいだる)は、「リサイクル可能な(リターナブル)容器」として、洗浄され、再利用されていました。
そのため、空き容器(陶磁器や樽)の仲買人や貸出業者の他に、割れたり欠けたりした陶磁器を白玉粉や粘土などを使って修理する「焼きつぎ屋」や大きな酒樽を分解して小型のしょうゆ樽「潰樽(つぶしだる)」につくり替える職人までもおり、こうした人々が容器リサイクル推進に一役買っていました。

1)ガラス(びん)

明治時代になると、ヨーロッパからガラス製のビールびんが輸入されるようになり、大正時代中頃にはいると、しょうゆの容器としても本格的に使われるようになりました。
珪砂(けいさ)、石灰、ソーダ灰などからつくられるガラスびんは、陶磁器や木樽と同様に、洗浄すれば再利用できる容器(リターナブル容器)というだけでなく、使用済みのガラス片(カレット)を溶かしてリサイクルできる点からも、非常に環境にやさしい容器です。また、ガラスびんは化学的に安定で、外気を完全に遮断できることから、内容物の保存性には優れていましたが、重くて壊れやすいという欠点も持ち合わせていました。

以前のガラスびん

以前のガラスびん

現在のキッコーマンしょうゆ1.8ℓびん

現在のキッコーマンしょうゆ1.8ℓびん

キッコーマンでも、1918年にびんを導入して以来、工夫を凝らして強度改善や軽量化を進めながら、今でも一部の業務用・加工用製品の容器として使い続けています(環境経営報告書2004のp15に掲載)。

2)樹脂(PET容器など)

現在では、酸素の遮断力が強く、しかも衝撃に強く(壊れにくく)、透明度も高いポリエチレンテレフタレート(PET)製が、しょうゆなどの容器の主流となっています。1977年2月にキッコーマンはしょうゆ容器としてPET(ペット)を採用しましたが、これが食品業界では初めてのPET(ペット)容器の採用事例となりました。

1977年にキッコーマンが開発した「500mℓマンパック」入りしょうゆ

1977年にキッコーマンが開発した「500mℓマンパック」入りしょうゆ

キッコーマンでは、採用以降も、樹脂成型メーカーの協力も得ながら、PET(ペット)容器の薄肉化(資材使用量の削減と軽量化)や強度・品質保持能力・リサイクル性などの特性の改良を推し進めています。

現在のキッコーマンしょうゆ1ℓ及び750mℓPET(ペット)ボトル

現在のキッコーマンしょうゆ1ℓ及び750mℓPET(ペット)ボトル

現在のキッコーマンしょうゆ1ℓ及び750mℓPET(ペット)ボトル

たとえば、キッコーマン食品で製造している「キッコーマン しょうゆ」や「キッコーマン うすくちしょうゆ」などの容器として使っている1.8ℓハンディPET(ペット)ボトルは、まず1999~2000年にその把手(とって)部分を本体と同質のPET素材に変更してリサイクルしやすくし、次いで2009年には把手部分の4g(14g(従来)→10g)の軽量化を実現しました。さらに、2014年度には、PET(ペット)ボトルの強度を損ねることなく、ボトル全体の厚みを薄くすることで、1本当たり4g(72g(従来)→68g)の軽量化を推し進めました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp32に掲載)。

キッコーマンしょうゆ1.8ℓハンディPET(ペット)ボトル

キッコーマンしょうゆ1.8ℓハンディPET(ペット)ボトル

一般家庭などから出される使用済みのPET(ペット)容器は、原則として市区町村で回収され、リサイクル業者に販売されて、PET(ペット)樹脂のペレット(またはフレーク)に加工され、容器(卵パックなど)や衣料、文房具などさまざまな製品の原材料として再利用されます。キッコーマンでは、こうした再利用を容易にするために、PET(ペット)素材ではないキャップや製品ラベルなどを、PET(ペット)容器からはずしやすくする工夫にも力を入れています。

以前のエコキャップ®

以前のエコキャップ®

現在のエコキャップ®

現在のエコキャップ®

たとえば、1999年には中栓をとりはずしやすく改良した「エコキャップ®(商標登録4319133号)」を開発・導入し、その後も、「より使いやすい」「よりとりはずしやすい」機能性を追求して、2002年、2008年にもキャップの形状や仕様を変更しました。また、2000年には製品ラベルも手ではがしやすい接着糊に変更しました。

日本デルモンテにおける容器包装に関する取り組み

日本デルモンテで製造しているデルモンテ製品(調味料や飲料、素材缶詰など)の容器包装についても、たとえば容器メーカーとの協働での飲料用PET(ペット)ボトルやガラスびんの薄肉化(資材使用量の削減と軽量化)、素材缶詰めの包材への紙容器「テトラリカルト」の利用(2007年)などの施策を通して、軽量化、資材使用量の削減、リサイクル性の向上などのために、工夫を凝らしてきました。

紙容器(テトラリカルト)入り素材「デルモンテ 完熟カットトマト」

紙容器(テトラリカルト)入り素材
「デルモンテ 完熟カットトマト」

紙容器(テトラリカルト)入り素材「デルモンテ ホールコーンはじける贅沢」

紙容器(テトラリカルト)入り素材
「デルモンテ ホールコーンはじける贅沢」

2013年度、日本デルモンテでは、「デルモンテ 国産りんごジュース ふじ 混濁」や「デルモンテ 国産りんごジュース 紅玉 混濁」などの800mℓびんについて、びんの強度を損ねることなく、ガラス全体の厚みを薄くすることで、1本当たりのガラス使用量を58g減らして、びん重量を410g(従来)から352gに軽量化しました(社会・環境報告書2014【詳細版】のp27に掲載)。

また、2014年度には、群馬工場で製造している「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」や「デルモンテ 野菜ジュース」、長野工場で製造している「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース桃太郎ブレンド」や「デルモンテ 朝サラダ」などの900gPET(ペット)ボトル製品について、ボトル1本当たりの重量を約16%軽量化しました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp33に掲載)。

「デルモンテ 国産りんごジュース ふじ」などの 詰め合わせギフト「DAR-30」

「デルモンテ 国産りんごジュース ふじ」などの詰め合わせギフト「DAR-30」

「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース(900g)」 「デルモンテ 野菜ジュース(900g)」 「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース桃太郎ブレンド(900g)」 「デルモンテ 朝サラダ(900g)」

「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース(900g)」
「デルモンテ 野菜ジュース(900g)」
「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース桃太郎ブレンド(900g)」
「デルモンテ 朝サラダ(900g)」

マンズワインにおける容器包装に関する取り組み

また、マンズワインの容器包装についても、たとえば容器メーカーとの協働でのスタンダードびん(720mℓ)の薄肉化(2003年)、ワイン専用のアルミ缶(2012年)やPET(ペット)ボトル(2013年)の開発と利用などを通して、軽量化、資材使用量の削減、リサイクル性の向上などを図り続けてきました。

アルミ缶入りワイン 「ラ・ラ・ヴァン 赤・白(300mℓ)」

アルミ缶入りワイン
「ラ・ラ・ヴァン 赤・白(300mℓ)」

ペットボトル入りワイン 「ライク・イット!チリ 赤・白(720mℓ)」

ペットボトル入りワイン
「ライク・イット!チリ 赤・白(720mℓ)」

2013年度、マンズワインでは、通年生産品としては業界で初めてPET(ペット)ボトルを使った、酸化防止剤無添加の日本ワイン(国産ぶどう100%のワイン)「マンズ ベーリーA 酸化防止剤無添加(720mℓ)」及び「マンズ 甲州 酸化防止剤無添加(720mℓ)」の販売を全国で開始しました。使用したPET(ペット)ボトルは、国際ブドウ・ワイン機構に登録された山梨県産の品種「マスカット・ベーリーA種」や「甲州種」だけを使って丁寧につくりあげたワインの品質を損ねないように工夫を凝らした専用ボトルです(社会・環境報告書2014【詳細版】のp27に掲載)。

また、2014年8月には、業界で初めて缶を使ったスパークリングワイン「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 赤(280mℓ)」及び「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 白(280mℓ)」の販売も全国で開始しました。華やかな味わいのチリ産ワインを使い、3気圧以上という高いガス圧を示すスパークリングワインを充填しても、変形したり破損したりしない専用缶に詰めました(社会・環境報告書2015【詳細版】のp33に掲載)。

これらPET(ペット)ボトルワインや缶入りスパークリングワインは、従来のびんと同等の品質保持能力を持ちながら、従来のびん詰めワインに較べ、軽いことから、製品輸送時のCO₂排出量を低減できます。また、びんよりも割れにくく、持ち運びにも便利で、アウトドアでの食事などの場面にも最適で、しかもリサイクルしやすい特徴も持っています。

「マンズ ベーリーA 酸化防止剤無添加(720mℓ)」  「マンズ 甲州 酸化防止剤無添加(720mℓ)」

「マンズ ベーリーA 酸化防止剤無添加(720mℓ)」
「マンズ 甲州 酸化防止剤無添加(720mℓ)」

「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 赤(280mℓ)」 「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 白(280mℓ)」

「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 赤(280mℓ)」
「ラ・ラ・ヴァン スパークリング 白(280mℓ)」

関連団体との連携・協働

キッコーマンは、PETボトルリサイクル推進協議会、ガラスびん3R促進協議会、日本容器包装リサイクル協会PETボトル事業委員会、酒類PETボトルリサイクル連絡会などの企業会員として、容器包装のリサイクルの推進に努めています。
また、2005年、関東地区の八都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市。後に相模原市も参加して九都県市に)が容器包装を簡略化(ダイエット)してゴミを減らす努力を推進するために発表した「容器包装ダイエット宣言」に発足時から参加し、「環境にやさしい包装資材の使用」、「容器包装の軽量化や分別しやすい資材の検討の促進」などを目標に活動し続けており、現在は、毎年の成果を「九都県市容器包装ダイエット宣言」のホームページでも発表しています。

容器包装ダイエット宣言