キッコーマングループの歩み(1964-1979)

年号 会社 商品
1964
  • キッコーマン醤油株式会社に社名変更
  • 「めん類用まんみ」を「めんみ」に改称
  • 「中濃ソース」発売
  • マンズワインの商品第1号発売
1965
  • 「中濃ソース300mlマンパック」発売
  • 「保健しょうゆ」発売
  • 「こいくちしょうゆ500mlマンパック」発売
1966
  • キッコーマン醤油株式会社附属病院竣工
  • ヒゲタブランド商品の販売受託
  • キッコーマン創立50周年記念式典
  • 「生しょうゆ」発売(現在の商品とは製法が異なる)
  • 「うすくちしょうゆ」発売

キッコーマン生しょうゆ本ラベル

1967
  • レスリー・ソルト社(米国)と提携、しょうゆの現地詰およびテリヤキソースの製造開始
  • 「保健しょうゆ」を「減塩しょうゆ」に改称
1969
  • ピュア&ナチュラル(P&N)宣言
  • ジャパン・フード社(米国)に資本参加(現JFCインターナショナル社)
  • 「こいくちしょうゆ1Lマンパック」発売
  • 「Pしょうゆ」(保存料無添加)製造開始

1Lマンパック

1970
  • 日本万国博覧会に水中レストランを出店
  • 太平洋貿易株式会社(現JFCジャパン(株))に資本参加
  • 「キッコーマン奥さま大学」スタート

「水中レストラン」内部

  • 新式醸造を廃止、100%本醸造しょうゆに
  • 「特選しょうゆ1Lマンパック」発売
  • 「トマトケチャップ チューブ入り300g」発売
1971
  • キッコーマンしょうゆギフト券発売
1972
  • キッコーマン・フーズ社設立(KFI・米国)
  • キッコーマン大都会ヨーロッパ社設立(KDE・ドイツ)
  • 「ベジタブルジュース」発売

新聞広告

1973
  • KDE「DAITOKAIデュッセルドルフ店」開店
  • KFIウィスコンシン工場グランドオープニング

デュッセルドルフ店

完成当時のKFI工場
(現ウィスコンシン工場)

  • 「減塩しょうゆ」が厚生省特殊栄養食品に指定される
1974
  • 月刊誌「奥さまクックノート」発行(1977年「ホームクッキング」に改題)
  • キッコーマンレストラン株式会社設立
  • 「デカンタ500(ローゼ) 」発売
1975
  • キッコーマン提供のテレビ番組「くいしん坊!万才」スタート
  • 「徳用しょうゆ」発売
  • 「あまくちしょうゆ」発売
1976
  • 「クランベリー・ドリンク」発売
1977
  • しょうゆ500mlにペット容器を採用(1978年、1Lもペット容器に)
  • 「パフ玄」発売

「パフ玄」パンフレット

1978
  • 「キッコーマン工場見学会」開始
  • 「ハーベスト」(赤、白、ローゼ)発売

ハーベスト

1979
  • キッコーマン・トレーディング・ヨーロッパ社設立(KTE・ドイツ)
  • 「本みりん1Lペットボトル」発売