乳酸菌

乳酸菌は免疫を活性化する

乳酸菌はヨーグルトや漬物などに利用されていますが、しょうゆ醸造においても、味に深みを与え香りを引き立てる役割を担っています。そんな乳酸菌は、近年免疫を活性化するものとして注目を集めています。

様々な要因で免疫力は低下する

健常な状態では、感染に抵抗する免疫力と、それがいき過ぎたときに起きる過剰な炎症を抑える免疫力が、双方十分に備わっています(図1)が、加齢やストレスなど、様々な要因で免疫力が低下することがあります。感染に抵抗する免疫力が低下した場合は、ウイルスや細菌への対応が十分でなくなり、これらに感染してしまいますし、過剰な炎症を抑える免疫力が低下した場合は、炎症が過剰に起こり、アレルギーや自己免疫疾患を発症します(図2)。

図1. 健常状態では免疫力が調っている

図2. 免疫力が低下すると様々な病気につながる

Pediococcus acidilactici K15(K15株)

生体内では複数の免疫細胞が働いていますが、その中に、生体内に侵入した異物を食べて認識し、自身が活性化することで、他の免疫細胞に攻撃の指示を出す樹状細胞があります(図3)。当社はこの樹状細胞を活性化する能力が高い乳酸菌株として、ぬか床から分離したK15株を選抜しました。

 

図3. 樹状細胞が活性化すると免疫作用が起きる

K15株(加熱殺菌)の免疫力調節作用

1.インターフェロンβおよびIL-12産生増強

ヒトの樹状細胞を用いてK15株の免疫力調節作用を調べました。樹状細胞にK15株(K15)を添加したところ、抗感染の働きを持つインターフェロンβ(IFN-β)とIRF7、抗アレルギーの働きを持つIL-12の遺伝子発現量がそれぞれ増加しました。なお、RNAを分解したK15株(K15R)では、これらの遺伝子の発現量は増加しませんでした(図4)1)

図4. ヒト免疫細胞にK15株(K15)もしくはRNA分解K15株(K15R)を添加したときの遺伝子発現結果

以上のことと、その他の実験から、K15株は2本鎖RNAを活性成分として樹状細胞に認識されることで、インターフェロンβやIL-12などを産生し、抗感染と抗アレルギー双方の免疫力を増強しうることがわかりました(図5)。

図5. K15株による免疫力の調節作用

2.唾液中IgA抗体産生増強

7名の被験者からのヒト末梢血単核細胞を用いて、乳酸菌で刺激したときに産生されるIgAの濃度を調べました。すると、K15株で刺激したときに、他の乳酸菌に比べて強いIgA産生を示しました(図6)2)

図6. 各種乳酸菌によるヒト末梢血単核細胞からのIgA産生誘導(L. : Lactobacillus

*はt検定においてp<0.05で有意な差をもってIgA産生に影響を及ぼすことを示す

その他の実験から、K15株は樹状細胞のIL-6とIL-10の産生を誘導し、IgA産生にも関与することも見出しました2)


実際に幼稚園に通う3~6歳の健康な幼児を対象に、プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験を実施しました。インフルエンザ流行期を含む4か月間(2016年11月~2017年2月)に、K15株またはプラセボ(デキストリン)を経口投与し、健康観察日誌から体温、感冒症状、欠席日数、試験食品・乳酸菌食品摂取歴(制限を設けず)などを収集しました3)


試験開始前後で唾液を採取できたK15株摂取群81例、プラセボ群81例について解析を行ったところ、唾液中IgA濃度についてK15株群がプラセボ群に比べ有意に高い変化量を示しました(K15株群+3.20 mg/dL、プラセボ群-12.48 mg/dL、p=0.0443)(図7)。

図7. 唾液中IgA濃度変化量

発熱日数においては2群で有意な差は認めませんでしたが、他の乳酸菌食品の摂取が週1回以下である症例(K15株群36例、プラセボ群41例)のみで解析を行ったところ、K15株摂取群で発熱日数が有意に短縮されていました(K15株群1.69日、プラセボ群3.17日、p=0.0423)(図8)。

図8. 他の乳酸菌食品の摂取が週1回以下の被験者における発熱日数の比較

Tetragenococcus halophilus KK221(Th221株)

当社は、しょうゆ醸造に関わる乳酸菌の健康機能について研究を行い、アレルギー症状の改善効果を有する乳酸菌を発見しました。

Th221株の免疫調節作用

Th221株の通年性アレルギー性鼻炎に対する効果を臨床試験で調べました4)。ボランティア45人を3つのグループに分け、それぞれにTh221株を全く含まないプラセボ錠剤、Th221株を低用量含む錠剤(20mg/日)、Th221株を高用量含む錠剤(60mg/日)を8週間摂取してもらいました。そして、本人の自覚症状と医師の所見をスコア化して効果を調べました。その結果、Th221株を高用量摂取したグループでは、自覚症状が改善し、また医師による鼻症状判定においてスコアが有意に改善していることがわかりました(図9)。また、アレルギーの指標と言われている血清総IgEの量も、高用量グループで低下していました。なお、これら臨床試験において、Th221株の摂取による副作用を示す人は一人もおらず、安全性も確認できました。

 

図9. 通年性アレルギー性鼻炎患者における鼻症状スコアの変化(医師による診断)

通年性アレルギー性鼻炎患者に、殺菌したTh221株を低用量(20mg/日)、あるいは高用量(60mg/日)で8週間摂取させた。高用量摂取群で鼻症状の改善効果が認められた(**:摂取前と比較してp<0.01)。

引用文献

1

碇菜穂ほか、Pediococcus acidilactici K15 株のヒト末梢血由来樹状細胞に対する免疫賦活効果、日本農芸化学会2017年度大会(2017).

2

Kawashima T, Ikari N, Kouchi T, Kowatari Y, Kubota Y, Shimojo N, and Tsuji N, Sci. Rep., 8, 5065 (2018).

3

Hishiki H, Kawashima T, Tsuji N, Ikari N, Takemura R, Kido H, and Shimojo N, Nutrients, 12, 1989 (2020).

4

Nishimura I, Igarashi T, Enomoto T, Dake Y, Okuno Y, and Obata A, Allergol. Int., 58, 179-185 (2009).