気候変動

2030年に向けたキッコーマングループの目指す姿とその戦略を定めたグローバルビジョン2030では、目指す姿のひとつに「キッコーマンらしい活動を通じて、地球社会における存在意義をさらに高めていく」を掲げています。地球社会が抱える課題の解決に寄与することで、世界中の人々からキッコーマンがあってよかったと思われる企業になりたいと私たちは考えています。

近年、世界各地で高温や熱波による健康被害、深刻な干ばつによる水不足、豪雨による洪水などが多発し、その被害が大きくなってきています。こうした異常気象には気候変動が大きく関わっており、地球規模で、生命、財産、経済活動を脅かす社会課題となっています。こうした背景から、SDGs(Sustainable Development Goals=国連の持続可能な開発目標)で気候変動がゴールのひとつとして取り上げられ、また、パリ協定では長期目標が定められました。

パリ協定で示された長期目標を踏まえ、キッコーマングループは2050年のCO₂排出量ネットゼロ実現をめざした取り組みを行っています。その一環として、私たちは長期環境ビジョンに基づいて2030年までに2018年度比 CO₂排出量30%以上削減達成に向けた取り組みを推進しており、SBT(Science Based Target)へのコミットメントを行いました。今後、認定を取得するための準備をすすめます。また、将来的な技術革新にあわせて中長期のCO₂排出量削減計画を適宜更新していきます。

CO₂排出量と削減目標

※CO₂排出量ネットゼロとは、CO₂排出量から森林や炭素貯蔵技術などによるCO₂の吸収量などを引いた通計の値を差し引きゼロにするという意味。